0からの起業でも飛ぶように売れる!ターゲット設定の秘密

こんにちは!

今日は、副業をして、商品設計をしていく方にオススメしたい内容です^^

副業・起業で商品を持つ人が必ず行う、
「ターゲット設定」に関してお伝えしていきたいと思います。

副業を始めようとするとき、

ターゲット設定をする際にオススメしているのが、
「ペルソナ」を設定することです。

ペルソナとは、見込み客がどんな人なのか、「架空の人間像」を具体化していくことです。

例えば、見込み客の

・名前
・年齢
・性別
・職業
・家族構成
・居住地
・性格
・価値観
・好きなこと
・嫌いなこと
・不満、不安
・幸せを感じること
・1日のスケジュール
・休みの日、仕事の日

などの、プロフィールを具体的に記述していきます。

 

ペルソナ設定のメリット

ターゲットをより具体的に、細かく設定していくことで、あなたのサービスを利用する見込み客を細かくイメージをすることができます。

見込み客をイメージすることができると、具体的に

「どんなサービスが必要か?」
「どんなことをしたら喜ばれるか?」
「リピートをしてもらうには、何が効果的なのか?」

などなど、お客様に喜ばれる商品設計をしていくことができるのです。

どんな業種で使えるのか?

結論をお伝えすると、どんな業種でも使えます。というよりも、すべての業種であってもペルソナ設定をしてください!

・セミナー講座
・オンライン講座
・物販
・コンサルティング
・お茶会セミナー
・ダイエットスクール
・起業スクール

どの業種・業態であっても、ペルソナは設定していきます。

ペルソナの成功事例「秋野つゆ」さん

マーケティングを勉強されている方はもう知っているかもしれませんね。
ペルソナのマーケティング成功事例の1つに、Soup Stock Tokyoが有名です。
「秋野つゆ」という架空の人物を設定し、10年間で売上42億円の成長を遂げた企業です。
ペルソナ設定では、「架空人物」の名前や好みなどのプロフィールを細かく作成していきます。

例えば、

Soup Stock Tokyoのペルソナの「秋野つゆ」さんの基本情報は

名前: 秋野つゆ(37歳) 女性
・都内在住
・独身か共働きで経済的に余裕がある
・都心で働くバリバリのキャリアウーマン

特徴
・社交的な性格
・自分の時間を大切にする
・シンプルでセンスの良いものを追求する
・個性的でこだわりがある。
・装飾より機能を好む
・フォアグラよりレバ焼きを頼む
・プールに行ったらいきなりクロールから始める。

など、細かいところまで想像して設定しています。

そして、
「シンプルでセンスの良いものを好む、
37歳のキャリアウーマン秋野つゆ」

というペルソナが生まれたのです。

ここまで設定をすると、かなり、具体的でお客さんの好み等わかりますよね!
このペルソナが好きそうな、外観、メニュー、立地、雰囲気を想像して、お店を作っていくのです。

ペルソナを具体的に設定することで、お店のコンセプトが明確になり、きてほしいお客様へのアプローチが可能になります。

「私はこうしたい!」

という自分ありきの目線から、相手目線・お客様目線でサービスや商品を考えられるようになります。

ペルソナがどんなことに悩んでいるのか?

お客様の悩みも明確にすれば、提供できる価値も明確になります。

起業してしっかりと収入を作って稼いでいくには、
「お客様のニーズにあった商品を提供し続ける」
ということが最低限必要になってきます。

さらに、お客様の悩みが明確になれば、
・どんなメッセージが刺さるのか?
・どんな言葉のチョイスが良いのか?
・どんなキャッチフレーズが響くのか?

などなど、より明確になっていきます。

「ターゲットを絞りすぎたら、お客さんを逃す??

ターゲットをしぼりすぎて、お客さんを逃しそうで怖いです!
という声も実際にいただきます。

しかし、実際は、明確にしたほうが、
「自分のための商品だ」
と思ってもらいやすいです。

今の時代、商品やサービスは溢れているので、ターゲットが広く訴求ポイントが不明瞭だと、
ターゲットに「自分のための商品」と思ってもらうことができません。
他の商品でいいや!となってしまうのです。

実際に、

Soup Stock Tokyoも
「秋野つゆ」さんだけに、お店を好きになってもらえるように、

・メニュー作り
・店舗作り
・店舗の立地
・店舗の内装
などを作っていったそうです。

ペルソナの

「好きなこと」「嫌いなこと」
「不満、不安」「幸せに感じること」

などを戦略として落とし込んでいったのです。

その結果出来上がったSoup Stock Tokyoは

・食べるスープがコンセプト
・化学調味料に頼らない、自然な美味しさを追求
・豊富なメニュー展開
・メニューは週替わり
・インテリアも無駄がなく機能的でありながら、
 スープの自然な温かさを感じられることを基本とする
・出店場所はオフィス街、駅近の店舗
・騒々しい街には出店しない

など、「秋野つゆ」が好むであろう商品作りをして、サービスを徹底した結果、
10年で売上42億円と急成長しているのです。

明確なターゲット設定をしてサービス作りができるかどうかで、大きく売上を左右していきます。

良い商品やサービスがあっても、ターゲットとする人に届いてなければもったいないです。
私自身、サービスや商品作りをする際にも、ターゲットが明確なので、商品設計のぶれがなくなりました。
なぜなら、ターゲットが何を必要としているかが手に取るようにわかるからです。

ターゲットが今何を必要としているのかがわかるようになると、どんな商品にしていくかを考えやすくなるのです。

結果、集客も安定します。
ターゲット設定に時間をかけられないと思っている人もいますが、そうではありません。
商品設計をする際にもっとも時間をかけていくべき部分です。

「ターゲットを限りなく明確にして、悩み解決をしていく!」

商品設計をされる前に、取り組んでみてください^^

今ならLINE@ご登録で120分のオンライン動画プレゼント!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA