フリーランスに必要な仕組みとは??


今日のテーマは、「フリーランスとしての働き方へのシフト」です。

2017年夏に、私は大手企業辞めて、一人起業家としてフリーランスになりました。

会社員2年目の冬に、目標ジプシーだった私が、会社での目標もやりがいも全部失って、「自分には何があるんだろう・・・」という気持ちの中、絶望した気持ちになっていました。

そして、その時に出会った、「インターネットビジネス」で副業をスタートしました。

紆余曲折もありながらも、8ヶ月後には会社を辞め、今、一人フリーランスとして活動しています。

フリーランスと言っても、私は普段、マレーシアの会社いながら、マーケティングやwebプロモーション、インドネシアの観光ビジネス、日本でのスクール事業をしています。

マレーシアと日本を中心に、インドネシア、ミャンマー、バングラデシュと各国を飛び回るようなビジネススタイルを作ってきました。

たった1人の副業から始めたインターネットビジネスが、3カ国に展開できるようになり、案外自分もうまくフリーランスの「仕組み」を作れたんじゃないかと思い、この記事を書いてみます。

もちろん、失敗は数知れないですが、1年半で0から仕組みを作っていくために必要なことをここでお伝えしていきますね。

フリーランスの仕組みってなんだと思いますか?

仕組みっていうと、「24時間働いてくれる営業マンを作ること?」

「ワードプレスで記事を書いて継続していくこと?」

「SNSで情報発信をして、ファンを作っていくこと?」

と思う方もいると思います。

 

事実、上に書いたことも仕組みといえば仕組みですが、別にフリーランスとして絶対的に必要なものではないと思っています。ぶっちゃけ。

では、ここでいう、「仕組み」とは、、、

私は3つあると思います。

・精神的な仕組み

・経済的な仕組み

・自由になる仕組み

の3つ。それぞれ、説明していきますね。

精神的な仕組み

これは、自己規律をしてくこと。

フリーランスになると、人に目標やノルマを決めてもらえなくなります。

例えば、会社だったら上司と決めた目標や、会社の”ノルマ”があると思うんです。

もっと言うと、
決められた時間に出社する時間、
決まった時間内にこなすべき仕事量、
会社で決められた納期、
など、必ず、期限・目標・ノルマがありますよね。

フリーランスは、良くも悪くも、そういった”決め事”は一切ありません。

自由です。

自分で仕事する時間も決め、納期を決め、目標を決めます。

ほとんどの女性起業家やフリーランスって実は、上にあげたことを自分で決められないんです。

つまり、「自己規律」ができてない。

今日終わらなかったから明日でいいや、
体調が悪いから、今月の売り上げ少なかったなあ、

とか、

自分で決めたことを、自分で守れない。
もしくは、自分で決められない

という女性起業家や、フリーランスが多いです。

逆に、自己規律ができて、自分との約束を実行できる人は、フリーランスとしても成功しています。

常に目標達成し続け、
理想をかなえ続けるための「自己規律」という自分の中での習慣化の仕組みを作ることって、フリーランスはめちゃくちゃ大事!!!

ということが、1年やってきてわかりました。

自分の目標との約束

自分の決めたことの有言実行

小さくて、大したことのように見えないけれど、こういった積み重ねの先に、成功ってあると思ってます。

地道なことをコツコツと時間をかけてでもできる自分の内面が好きになりました。

 

経済的な仕組み

よく言われる、集客の自動化や自分が働かなくても回る仕組みのことです。

例えば、会員サイトや動画を作れば、自分が喋り続けなくても、必要な時に、お客さんはその動画を見て勉強してくれますよね。

メルマガのステップメールも実は、一度セットしたら、エバーグリーンで配信され続ける仕組みがあるんです。

SNSやインターネットビジネスでは、

・会員サイト

・メルマガ等のステップメール

・無料広告と有料広告の組み合わせ

・外注化の仕組みづくり

・集客の仕組み

などを作っていくことができます。
これらを最初は大変かもしれませんが、作っていくことで、のちのちの安定を得ることが可能なのです。

また、仕組みとは異なりますが、「テンプレート」を積み重ねていくことも大切です。

・売れるテンプレート

・失敗したテンプレート

・売れる販売ページの型

・売れるライティングの型

・成功事例

・失敗事例

を持っていると、あれこれ試行錯誤せずとも、成功パターンと自分の中で構築していくことができるのです。

今私がやっている仕事も、1年間継続してきていて、「売れる」テンプレートがわかってきました。今やっていることは、売れるテンプレートをさらによくするために改善をしていけばいいだけなんです。

改善をしなくてもある程度の売り上げまでは保てるようになりました。

もし今、フリーランス駆け出し、今から独立してやっていきたい、と思っているのなら、最初のうちからたくさん失敗しても、その中から売れるテンプレートのようなものを自分の中で持っておくと、1年後とっても楽になりますよ。

自由になる仕組み

最後は、誰もが望むと思う、「自由」になる仕組みだ。

上に書いた、自己規律やビジネスの仕組みを構築した上で、さらに自由度を高めるために必要なことを書いていきます。

最近では、

「どこでも仕事できる自由」

「時間に関係ない仕事の自由」

がほしいと言う人も多いですよね。

私もその一人で、会社員のとき、ノマドしている人や、海外を行き来しながら仕事をしている人にとっても憧れていました。

でも、私含め、たいていの人は、

「会社がどこでも仕事できる自由を許してくれない」

「会社での勤務時間が決まっている」

と文句を言って、自由に場所と時間を選ばずに仕事することを諦めてしまうの。

もし、本当に、「自由」なライフスタイルを手に入れたいなら、そのライフスタイルが叶うように、

・会社にリモート勤務をさせてほしいと願い出る

・会社でのフレックスタイムを認めてもらう

と、行動に移さなければいけない。

もし会社でどうにもならないようであれば、あなたにとっての「自由」を叶えられる働き方を探していかなければいけない。

あなたにとっての自由な働き方って何ですか?

 

例えば、PC1台でどこでも働けるようにしたいのであれば、

・ライティング業

・webライター

・webデザイン

・プロモーター

・他社のプロモーション

・コンテンツ販売

・システム設計

・オンラインコンサル

・リモート秘書

などなど、リストアップしたらもっと見つかります。上に書いたのは、今現在私が、PC1台で場所、時間に拘束されずにやっている仕事の1部です。

記述した仕事の全て、オンライン上でのMTGやチャットワークを使ったやりとりで完結しています。

もちろん、オフィスや現場に行ってやる仕事もありますよ。

例えば、込み入った話なんかは、直接対面で話したほうが早いこともありますし、
インドネシアの観光ビジネスなんかは、まだ仕組みができてないから、なんども行き来して、新しい提携先との交渉をしなきゃいけない。

マレーシアでお手伝いしている会社だって、ローカルの人事労務を任されている以上、対面の仕事をしないといけない。

でも、それもいずれは、リモートとして時間、場所に関係なく仕事をしていくつもり。

その時に大事なポイントは、

「この仕事を、自分がいまここでやらなくても回るようにするにはどうするのがベストか?」

と考えることです。

まだまだリモートでできる仕事はあるはずです。

もし思いつかないとしたら、まら知らないだけだと思うんです。
夢は知識、というくらい、自由になるにも「知識」は大切です。

常に「自由になりたい」という欲を持つのであれば、その手段を考えよう。

 

会社が〜〜〜と言い訳をしているうちは、絶対に「自由」を手に入れることはできない。

難しく考える必要はないけれど、今ここで「自由」になるには、どういった手段があるだろうか?と自問自答して、考える習慣を持とう。

そうすれば、どこかで「自由になる手段」を手に入れることができますよ。

 

最後に:フリーランスで自由になる仕組みを作るには、全て自分の責任だと覚悟しよう

私自身、今こんなにフリーランスとして海外でビジネスをしたり、旅行に行ったりっていうかつて夢のようなライフスタイルが本当に叶うんなんて、会社員のときは思ってもいませんでした。

どこかの記事にも書いたけど、フリーランスになるつもりなんてほとんどなかったんです。

ではなぜ今フリーランスになったの?と聞かれるので、少し書くと、
理由は大好きなアジアで生きていきたいと思ったからです。

なんども言ってるから知ってるかもしれないけれど、

私は、本気でアジアの貧困層に雇用を作りたいと思ってる。

今、自由なライフスタイルを送りたい、働き方をどうしよう、と悩んでいる人も多いと思うから、参考になると思って書きますね。

大学生時代、私は日本の学生の90%と同じように、就職試験を受けて、
本気で、会社員としてアジアでの貧困問題に立ち向かいたいと思ってました。

そのほうが安定だし、会社の大きな資金力を使って、自分のビジョンを叶えられるから、一石二鳥って思ったの。

でも実際は、会社員でアジアで好きなようにやっていくのって、相当な労力がいるし、たくさんの優秀な社員の中から、自分が選ばれるとは限らない。

私は、選ばれなかった人だったですしね。汗

年収も、実績も、周りの同期にも、上司にも負けないくらいやってきたはず。それでも、結局海外への異動はTOIECで判断されると知って、絶望しました。

今までやってきた目標も、生きがいも、やる気もすべて崩れ落ちたんです。

それでも、会社員は安定。いつか自分にもチャンスが訪れるかもしれない、と思って、会社の中で信念を貫こうと思ったけれど、

私は、フリーランスになって、自分の信念にしたがって生きていくと決めました。

今その決断から1年以上がすぎたけれど、生き方・働き方はどうなったか・・・・?

散々、フリーランスになったら後悔する、会社員辞めるなんて失敗だ、と言われてきたけれど、今私は、今の私の働き方が1番気に入ってる。

そして、自由度も幸福度も何百倍以上に高くなった。

もし今、あなたが、自由なライフスタイルを送りたいけれど、できない、、、

と悩むなら、覚えていてほしいことがある。

それは、
自分の信じた信念を貫くことに後悔は伴わない、ということと、
自分の働き方全てに責任をもつことです。

自由になれない理由を他人にしているとしたら、今すぐに、自分の中でその理由を探してみて。

その理由をなくすことで、想像以上の自分の未来を手に入れることができるはず。

の思考のチェンジは、いずれ、フリーランスになった時に、さらに自由度をました働き方、生き方へのチェンジになるはず。

 

最終的に、「自由」を得るのは、自分次第だ。自分の決断、自分の信念、自分の働き方、全てに責任をもち、失敗しても受け入れる勇気をもとう。

そういう思考のチェンジができたとき、びっくりするくらい、思い通りのライフスタイルを作ることができるはずです。

今ならLINE@ご登録で120分のオンライン動画プレゼント!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

森 もえこ

今からビジネスをしていく人向けに初心者ができるメディア構築を行っています。 ワードプレス/SNSマーケティング/WEB構築/女性専用起業スクール運営