副業が当たり前?私たちはどうやって仕事を作っていく?

少し前に話題となり、本屋でもたくさん平積みされていた
「仕事2.0」

手にとって読んだ方も多いのではないでしょうか?

メディアでもよく取り上げられる「人生100年時代」。
新卒で定年退職まで働く、もしくは結婚したら退職をする、と思って社会人になったものの、終身雇用の廃止、結婚しても現実的には働かないといけない経済的状況。さらに、100年も人生が続くと考えて、今の仕事をずっとやっていくの??という不安。

企業にいるから「安定」という方程式は、ガラガラと崩れてしまっています。

「仕事2.0」では、これからの日本社会の現実や、本当は怖い「働き方改革」の話など、メディアには取り上げられないような内容が具体的に書かれています。

この本を読んで、私自身が強く思うことは、

「会社以外の【選択肢】を、主体的に用意していかないといけない」

ということです。

今の時代、1つの会社で定年を迎えられるのは、ほんの一握り。面白くて時間も忘れるほど没頭できる仕事ならまだしも、
職場への不平・不満を口にしながら働いていたら、絶対に定年まで仕事を続けていくことはできなくなってしまう。

「日本型雇用の終焉」と直近5年で言われてきているように、働き方はますます変わっていきます。当然、「雇う側」も「雇われ側」もお互いの変化に合わせた働き方を作っていく流れにあります。

だからといって、変化を怖がり怯えていては、現状がますます悪化していくだけ。変化への対応を後回しにすればするほど、未来の自分の首をしめてしまう。

一方で、W正社員、パラレルキャリア、複業、リモートワーカー、フリーランスなど、働き方を楽しんでいる方も多くなっているのも事実です。

「仕事2.0」には、これからの日本社会の現実が書かれていますが、同時に、これからの可能性や選択肢の多さも書かれています。今まで以上に、日本社会は、「選択肢」が多く用意されているのです。

だからこそ、「選択肢」をうまく使いながら、一人一人が活躍できる働き方、納得ができる働き方を作れる最高の時代でもあるだろうと思っています。

そんな激動の時代い、どのように私たちが選択をし、人生100年時代を自分が作っていくのか?

「仕事2.0」は、今後の私たちの働き方や選び方を教えてくれる参考書のような本です。

一部紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーー

・現貯金よりも、「無形資産」を蓄える
→平均寿命がのび、その分お金も必要になりました。金融資産を蓄えることが良しとされていましたが、寿命が伸びると、お金を蓄積することよりも
「より長く働くための資産」を蓄積する必要があります。

それこそが、生産性資産、活力資産、変身資産からなる「無形資産」です。

・人生に満足している人に共通する際立った要素
→生涯を通じて深くて強力な人間関係を築いていること。つまり、「無形資産」の要素が含まれているといこと。

・コンフォートゾーンを抜け出す
→「今の仕事が難なくこなせている」という時期にこそ、新しいことに挑戦してみること。賞味期限がきれたベテランにならないために、コンフォートゾーンから出続ける必要がある。

・古い知識と経験を捨てる「アンラーン」
→「知識をラーン(学習)し、リラーン(再学習)し、アンラーン(脱学習)することが知識管理の大前提」とドラッカーが唱えています。
知識が短命化している今の時代は、過去の経験にすがらず、新しい情報や知識を学習し、そのサイクルを早めることが必須。

・大人の学びとは「体験総量」をあげること。
→これからは、自分自身の経験が資本になる時代。大人の学びは座学や知識の収集だけではない。現場での実践や行動にこそある。

ーーーーーーーーーーーーーーー

仕事2.0は最初の方は、日本社会のこれからの話で、少し暗くなってしまうかもしれません。

でも、その事実を踏まえた上で、どのような選択肢を自分自身がとっていくかで、今の日本社会の制度を大きく活用して、自分を生かしていくことができます。

ちなみに冒頭で私が述べた
「会社以外の【選択肢】を、主体的に用意していかないといけない」

についてですが、

自分自身で、積極的に会社以外の場に出向くこと
利害関係なく人脈を作っていくこと

が選択肢を作るための一歩になってきます。

受け身でいて、チャンスはきません。チャンスがほしい、人脈がほしい、選択肢がほしい、と思うなら、「主体的」に用意していくこと。

時代はどんどん変わっていきますが「主体性」は変わらないもの。

今、これからの将来に不安を感じているのなら、「主体性」を育てていくチャンスかもしれませんね。

主体性を持っていれば、選択肢が自然とついてきます。

人生100年時代に向けて、まずは一歩ずつ選択肢を作っていこう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

森 もえこ

今からビジネスをしていく人向けに初心者ができるメディア構築を行っています。 ワードプレス/SNSマーケティング/WEB構築/女性専用起業スクール運営