自分の才能開花できる場所でポジショニングしていくには?

こんにちは。

今日は、ロンドン・ドイツに社員旅行できています^^

実は、この社員旅行はチームでの目標達成旅行。昨年チームのみんなで、目標達成したら、10月のオクトーバーフェストに参加しよう!と決めて1年間仕事をしてきました。

チーム目標達成旅行に関しては、別で書こうと思いますが、チームで目標を決め、目標を100%以上達成できた理由あります。

それは、チームメンバー一人一人の才能開花のポジショニングです。

このチームで目標達成できたのは、それぞれの役割分担の中でそれぞれがマックスに能力を発揮できた相乗効果だと言えます。

今、あなたの才能を生かして働きましょう。あなたの好きを生かして働きましょう。という風潮があります。

一方、自分の才能がそもそも何かわからない。どう生かしていけばいいかわからない。という人も増えました。

 

今、自分の才能を開花させたいと思っている?

このブログを読んでくださっている人に、私は才能開花したくありません!という方はいらっしゃらないと思います。むしろ、
自分の才能を生かした仕事をしていきたいです!
と思っている人がほとんどだと思います。

たいていの人は、会社で仕事をしていて、得意でも好きでもないけれど、お給料をもらってるからやっている、会社員だからやるしかないと思ってるはず。

会社で自分の才能を活かせる場所がない、

会社の上司が自分の才能を見つけてくれない、

と思っている人も少なくはないんじゃないかな。(むかし、私自身がそう思ってた)

正直言うと、才能を生かしたいという反面、誰かが自分の才能を見つけて、適所で開花させてくれるのを待っているんじゃないかな?とふと思うことがあったんです。

会社では自分の役に立つことがない、
会社では才能を活かせてない、
会社では自分の才能を認めてくれる人がいない、
会社では、、、

と話す人が最近多いと思うんです。

確かに、あなた自身の才能は会社よりも、開花できる場所があると思うのだけど、
「会社で才能が活かせないから、起業をする」は90%くらい後悔する結果になると思ってる。

私はフリーランス1年しかやってないし、まだまだ語れるほどの経験はないのだけども、会社には自分の才能開花できる場所がないので、自分の才能を活かすために起業します!と言われても、何の魅力も感じないと思う。

もちろん、その勇気や行動力はすごいと思います。起業するって決意できる人ってそんなに多くないはずだから。

でも、もしどうしても才能開花できる場所を見つけたい、と思うのなら、今その場で才能開花ができることを探すことを優先してほしい。

才能開花できない場所から逃げるのではなくて。

自分に才能がないと思うなら、目の前のことに全力投球

そうはいっても、今ここに自分の才能を開花できることがない!そもそも才能がない!と悩むかもしれない。

でも安心を。私も1年前会社員をやめてマレーシアに移住したとき、これからの未来に不安で、本当にここで才能開花させて生きていけるのか?と思ってたので。

もし今、あなたが自分に才能がないと思うのなら、やってほしいことが

「目の前に全力投球」

だ。

私は、人には2種類の才能開花の方法があると考えている。

・置かれた場所で才能を開花をする人

・自分の才能を知って活かせる場所を探していく人

この2パターンだ。

ここでは、主に前者「置かれた場所で才能を開花する人」について書いていきます。

まず2つの定義について話しておくと、

「置かれた場所で才能を開花する人」は、もともと才能などは持っておらず、今ある環境やリソースの中で、自分の才能やポジショニングを見つけ、生きていく人のこと。

「自分の才能を知って活かせる場所を探していく人」は、もともと優れた才能を持っていて(知っていて)、その才能・能力をもって最大限に活かせる場所を探していける人のこと。

例えば、歌がうまい、絵がうまい、デザインができる、など何かしらの専門性を持った人のこと。

すでに才能や能力を知っている人は、その分野の専門性を高め、活かせる市場を探しに行くという、私のような凡人からしたら、何歩も前を進んでいるような特化型の人たち。

逆に、今才能や能力がない、もしくは、見つけられていないという人にとっては、今ある環境とリソースを使って才能開花とポジショニングを作っていくべきだと考えている。

今私がやっている仕事は全て、環境とリソースを借りて才能開花とポジショニングを得ています。

その才能開花とポジショニングを得ることができたのは、今ある環境とリソースで「全力投球」をしてきたからです。

もし今あなたが、才能がわからない、能力なんてない、と思っているのなら1年前の私と全く同じだから、この続きを読んでみてほしい。きっと何かに役に立つと思う。

新入社員も起業初期も才能なんてどうでもいい

自分の才能はこれだ!このビジネスで起業しよう!これをやってみたい!

そう思って、好きなことや得意なこと、できることばかりを探し、お金にしようとしていました。

そんな私に仕事の考えを180度変えた、フリーランスの大先輩がいるのですが、その人の仕事の仕方や言動から学んだことをここでは伝えていきます。

この仕事へのマインドは、「才能がない」と思っている多くの女性や起業したい女性の土台になっていくはず。

その言葉が

「才能はどうでもいい。とにかく今ある仕事をこなしていくんだ。とにかくやるしかないんだ。走りながらやれ」

という鬼上司か!と思うような言葉だが、そのときのふらついた私の心にはグサッと刺さりました。

このときの仕事といえば、ある商材のプロモーションの仕事でした。

ローンチのプロモーションを経験したことがある人はわかるかもしれないが、本当にたくさんやることがあって、リリース直前はてんやわんやだ。笑

このときは、

・新規リスト集めの戦略・立案
・システムの設定
・大量のメールの配信
・大量のメールライティング
・配信スタンド設定
・LPデザイン
・動画編集
・会員サイト制作
・告知
・カスタマー対応
・数値管理


1つのローンチのプロモーションだけで、やることはもりだくさん。リリース日があるから、期日だってある。フリーランスに残業という概念はないが、残業を何時間としたところで、もらえるお金は利益が出た後だけ。

このときは、正直に言うと、こんな仕事私がやりたいことなんかじゃない!と思ってたときだった。

チームでの仕事で、みんなもみんなで自分の持ち場の仕事をすることに精一杯だったとき、投げ出したくても、投げ出せる人もいませんでした。笑

もちろん、駆け出しのフリーランスでしたし、友達も多くないので、弱音をはくこともできません。笑
会社員だったときは、真っ先に同期に弱音をはいてうっぷんばらしに飲みに行っていたでしょう。

フリーランスになったら、起業したら、
自分のやりたくない仕事はやらない、好きではない仕事はしなくていい、好きなことだけをしていける!と思うかもしれないが、
現実は、そういった起業への憧れは幻想でしかありません。

あなたが、得意なこと以外はしない、好きなことだけしかしないと理想を描くのは自由だけれども、そう思っていると自分で自分の選択肢を狭めてしまっていることを忘れてはいけない。

なぜなら、人生での選択肢を増やしていくために仕事があるのだから。

たしかに、好きなことだけで年収1000万円稼ぐ人や、得意なことだけをしている経営者もたくさんいる。だけど、それはみな起業初期ではなく、起業して何年もしているから、好きなことで1000万円♡と言っていることを知ってほしい。

起業初期、好きなことだけではなかったはずだ。苦手なこともしてきたから、好きなことや得意なことが見つかっているはずなんだ。

才能を活かして起業をしたい、と思うのは素晴らしいと思うが、起業1年目、2年目くらいのうちは、苦手でも全力投球でやってみた方がいい。
好きなことで起業することへの夢を壊しているわけではないが、
好きなこと・得意なことを見つけるためにも、
今の仕事に全力投球していくことからスタートしてもいいと思ってる。

そうやって苦手なことや好きでないことに対しても努力できる人が、成功に近づいていくはずだよ。

なぜなら、私がそうだったから。

才能が開花するときは、認められるとき

では、得意でもない仕事をずっとやっていて、才能は開花できないんじゃないですか?

という声があがってきそうなので、ここで説明しておきますね。

もちろん苦手だと思うことをやり続けていても、ちっとも才能なんて開花するはずがない。とっととその苦手なことを手放せと思う。

でも、間違っても無責任にその苦手な仕事を手放しちゃいけないよ!!

仕事は、人と自分との信頼の上で成り立っています。なので、簡単に「これは私は苦手なのでできません。やりません。」なんて口走っちゃいけない。絶対に。

そう口走った瞬間に、あなたへのチャンスが回ってこなくなるのです。苦手な仕事も回ってこないかもしれないが、あなたの才能を活かせる仕事も回ってこなくなるのです。

少なくとも、あなたがチームや組織で、自分の才能のポジションを得る前は、仕事は断らない方が断然良い。

あなたに才能を活かすチャンスがやってくるのは、あなたが「努力ができる人」と周りやチームから認められた時です。

その努力が結果に結びついた時、あなた自身には、やってきた仕事の中で、
「得意」と「不得意」が残るはずだ。

目の前に全力投球をした結果、

・不得意

・不得意ではないができること

・得意

という3つの分類で、あなたの才能のかけらが残るんじゃないかな。

これが才能だ!これで生きていくぞ!と思えるものが見つけられればそれはそれでOKですが、たいていの人は、

・不得意ではないが、できること

・得意

この2つが全力投球した先に残るはずなんだ。

今あなたがすべきことは、この2つを次に継続してのばしていくと決めることだ。

「不得意」に関しては、外注するか人に依頼できる関係を作っていこう。

私も「不得意」はそぎ落としてきましたよ。もちろん最初はやりましたが。

例えば、私はメール配信の設定や細かなシステム設計、数値管理は全然得意ではなくて、かーなーり、意志力を奪われエネルギーを使っていました。

多い時は、1日30通くらいメール文章を書くのだけど、30通分の配信設定をするってことがとんでもなく嫌な作業。。。笑

なんどもミスって怒られましたし、、。

数値管理は、見るべき部分も多くどの数値を引っ張っていいのかわからずに日々泣きながら夜な夜な数値チェック、、、笑

そんな状態なので、メール配信・数値管理専用の人を時給で雇えるように、懇願して人員を足してもらいました。
普通だったら、メール配信専門の人なんてチームに入れないですよね!

ただ、この子だったらメール配信に当ててた時間を他のレバレッジが効く部分に努力をして結果を出してくれると信じてもらえた結果、人を入れてもらえたのだと思っています。

 

リーダーに才能開花を願ってはいけない

チームで仕事を進めていくには、リーダーという存在がいるはずです。そして、多くの組織やチームでは、そのリーダーがあなた自身の役割分担を決め、適材適所でメンバーのアサインをしていくでしょう。

時には、リーダーに自分の望んでいたポジションや役割が任されず、左遷されたと思うこともあるかもしれないですね。そんなとき、このリーダーは〜〜してくれない、、と愚痴がこぼれるかもしれません。

自分の才能が開花できない理由は、このリーダーや上司のせいだ!と思うことがあるかもしれない。

でも、1つ聞いてほしい。

あなたの才能は、リーダーが開花させてくれるものではないのです。

最終的には、リーダーやチームメンバー、あなた自身の家族や友人が、あなたの才能を見つけて、開花できる場所を用意してくれるかもしれない。

でも、最初から、自分の才能開花できる場所を、他人に用意してもらおうとは、絶対に考えちゃいけない。

あなたの才能を活かせるかどうかは、あなた次第です。

自分の才能が何か、長所、強み、得意、好きは何か?を考え続け、やりながら探し続ける。

やりながら探すしか才能はみつけられなければ、どこで自分の才能が発揮できるかわからない。

リーダーに才能開花してもらおう!と思っていたら、いつまでたっても宝のもちぐされ状態だし、あなたに代わる才能ができたら、あっという間にさようならだ。

今の時代AIは凄まじい進化を遂げているから、AIに取って代わられてしまうかもしれない。

だから、才能の活かし方を知り、どの場所・組織・チームに入ってもあなたの誰にも負けないポジショニングを確立していくべきだ。

そのポジショニングを得た時、あなたは才能を思う存分にその環境で発揮できて、磨いていくことができる。

 

まずは、全力投球をしていくべき

もし今あなたが、

自分の才能を見つけて、何かに没頭したい、

好きなことをし続けながら収入も得たい、

起業家・フリーランスとして活躍していきたい、

そう思うなら、まずは、目の前のことに全力投球をしていくことだ。
全力投球していれば、自然とあなたの理想に必要な情報と人が集まり、気がついたら理想が叶っている環境ができます。

私自身、1年間寝る間も遊ぶ時間も惜しんで費やしてきたwebマーケティングとプロモーションの仕事で、スキルを培った結果、
副業前にぼんやり描いていた「ノマドしながら収入を得ていきたい」という理想像に限りなく近づいてきた。

というよりも、ノマドしながら収入を得ていくことが普通になってきた。

だから、今は逆に会社員のときのような、毎月決まった日に決まった額のお給料が入ることの方が違和感を感じてしまう。

もしあなたが、成し遂げたい野望や理想があるのなら、まずは目の前のことに全力投球をしていこう。

目の前のことや今日1日に本気になれないのなら、明日本気になれることが見つかることもない。

今日、才能を探すことができなかったら、明日見つかっているわけがない。

才能を開花するには、まず1歩から。目の前に全力投球していくことからスタート地点に立てるのです。

絶対にポジショニングを勝ちとっていこう。

私もフリーランスになる前、自分の何を活かしてどんな仕事をしていくか全然理解できてませんでした。

さっきも書いたように、いろんな業務をかたっぱしからやっていって、自分に合うもの、合わないものを取捨選択してきて、やりたくないものをどんどん外注したり、他の得意な人に任せるようにしたり。

最初は、本当に自分が何の才能があるかなんてわからなかったんです。今もまだ才能は何だろう?と思うことも1日で何回もあります。

もし、才能がある人はいいなあ、私もそういう才能があれば、、と思っているのなら、人一倍やるしかないと今でも思ってる。

そう、がむしゃらに。

自分のポジションがないから、どんどん雑多な仕事も、自分がやらなくてもいいような仕事も降ってくるようにある。正直、なんでこの仕事を私が、、、と思うようなこともたくさんある。

でもね、最初はそうやって与えられたことや、降ってきたどうでもいいような仕事も全部こなして信頼をかち取っていった方がいい。

なぜなら、仕事は信頼で成り立っているからだ。フリーランス・起業家という生き方も、仕事よりも信頼が全てだからだ。

全部仕事を引き受けてたら、プロモーション前なんて息切れ寸前だし、寝不足、徹夜、栄養不足なんて当たり前になってしまうけれど、ポジションを得るまでは耐えるべきだと思ってる。

では、今、その状態を耐え、山を超えた今、どうなっているか?

本来はオフィスで仕事をすべきだけれども、旅先でも仕事も許可してくれて、
外注したい苦手な作業を誰かに依頼し、
雑多な仕事が降ってこなくなった。

つまり、本質的に自分が目指したい姿に近づき、自分が望んでいた仕事だけを引き寄せることができるようになったんです。

自分の才能はここでは活かせない、自分の才能以外の仕事がたくさん上司から支持される、と思ってその環境から逃げようとしているのなら、少し立ち止まってみてほしい。

そして、自問自答しよう。

 

「私はここで全力投球したか?」

「息切れするまでやってみたか?」

 

YESと胸を張って言えるのであれば、次に才能が活かせる環境を見つけてみよう。次の環境で才能が活かせると感覚的にわかってきたら、今の環境や組織を手放してもいいかもしれない。

ただ、自問自答した2つの質問に自信もってYESと言えなければ、YESと言えるまでやろう。そして、ポジションをかち取っていくんだ。

ポジションの取り方がわかれば、どんな場所にいても、ポジションを作り、自分の才能を開花させるチャンスを得ることができる。

「自分の好きでないことはやらなくていい」と思いながら起業をすると、いつまでたっても環境を探し続け、ポジションを勝ち取っていくことができなくなる。

少なくとも、起業して1年目はどんな環境であっても「ポジション」を自分で勝ち取っていこう。そうすると、びっくりするくらいに、どこに行っても自分が活躍できるようになるはずです^^

 

 

今ならLINE@ご登録で120分のオンライン動画プレゼント!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です