年末のご挨拶「挑戦は誰もが得られるチケットではないことも事実」

こんにちは!

今年も一年お疲れ様でした!

この時期は、今年の振り返りをする方も多いかもしれないですね。
(1年の区切りとして、新年を新しく迎えるためにも、振り返りはしてください!)

私にとっての2018年は、「20代は経験量を優先する。年収は関係ない」と決めてスタートしました。でもとにかく長かった。。

その理由は、挑戦の量をとにかく増やしたから。

運営しているオーダーメイド起業スクールでは、理念に共感して、30名のメンバーが入ってきてくれました。
初めてのweb周りの作業を手取り足取り行い、初めての会社員以外の収入を作ったり。

会社員以外の収入を作ることは、決して簡単ではありません。

みんなそれぞれ挫折を味わい、
本当に自分にできるのか?という不安と戦い、
やっぱりダメかもという恐怖に立ち向かっているはず。

私自身が起業スクールに入った1年目の頃は、何度も後ろに引っ張られるのを抑え、前に進んでいる人にしがみついていたので、よくわかります。

そういう不安の中、マレーシア合宿を行い、会社の有給を取得し、安くはないフライトチケットを取得してマレーシアまできてくれたみんな。

日本でも、チームで仲良く、ときには口論しつつ。笑

まじめに1日かけてweb構築缶詰合宿も。

いつもいつも温かく、時には激しく引っ張ってくれる師匠(ボス)のありささん

この1年でスクールも30名に増え、壁も増えたけれど、乗り越え方も増えたような気がします。

マレーシアの会社の仕事では、
毎月商品をリリースし、プロモーションで販売。月500万円以上が自動で売れる継続課金モデルを構築。
他にも、1年間で71回の大規模なセミナー開催のサポートスタッフとして携わらせていただきました。

社長に目標達成旅行連れて行っていただいたりも!

そしてそして!私の念願だった、アジアで雇用を作るプロジェクトもいよいよ動き出しました。

社会貢献事業として、
インドネシア・バリでの低所得者層の収入アップを目指し、
カーチャータービジネスをスタートさせたり、

(写真は、車の免許が無事にとれたけんちゃん)

ミャンマーでは、途上国でメディアを作り、英語圏からアドセンス収入を作るプロジェクトをスタートしました。

正直、自分でも何屋さんか、もうわからなくなってきて、混乱してます。。笑

特に12月のミャンマーへの視察は、2019年の私の方向性に大きな変化をもたらすものでした。

2018年は、挑戦量、失敗量、悲しさ、しんどさ、出費も(笑)、今までの人生で1番多かったけれど、その過程で経験したことは何倍もの量でした。

本当に小さなことだけど、
LINEでのコミュニケーションの連携不足や、価値観の違いによるミスコミュニケーション、信頼している人からの受け入れがたい言葉をもらったりなど、
たくさんの失敗もありました。

生徒の実績が出せなかったり、人のモチベーションを高めることってこんなに難しいんだ!と感じたり。。

決して良いことだけではなくて、
1人では得ることができなかった負の感情だってあります。

自分にとって不都合な現実もたくさん広がっている。
不都合な条件を突きつけられることも、たくさんある。

それでも私が決めていることは、歩みを止めないこと。
不都合を避けて、楽しいことだけをするのではなく、自分の痛み、人の痛み、苦しさ、悲しさを感じる感情を持ち続けながら、動き続けていくことが、私らしさかなとも思ってます。

挑戦の先に出会いがあり、その出会いがさらに挑戦をくれる。
今はその連鎖の中にいて、1つ1つ取りこぼさずに過ごすのが、「私の20代の生き方」と決めています。

私の尊敬する人の言葉に、
「挑戦へのチケットは、最高にしんどいけれど、誰もが得られるものではないことも事実」

という言葉があります。

残念だけど、チャンスを得られない人もいる。
でもそれは、得られてないのではなくて、目の前にあるものを、見ないふりをしているか、自ら棄権してしまっていることの方が世の中多い。

出会えた挑戦や、その先の出会いは奇跡のようなもの、と身を引き締めつつ、2019年も小さな挑戦を繰り返していきたいなと。

こう思わせてくれるのも、2018年に出会った方々のおかげです。

本当に、本当に、出会ってくれて、たくさんの挑戦をありがとうございます。

2018年12月にスタートした途上国のメディアメンバー!

来年は、水平展開を目指していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA