【ミャンマー】途上国から英語圏で稼ぐメディアを

こんにちは。

少しブログの更新が滞っていましたが、12月15日〜29日までの2週間、ミャンマーへ視察と社会貢献事業の構築に行っていました。

今回の目的は、
・途上国から英語圏に情報発信をして収入の柱を作るメディアプロジェクト
・ミャンマーのデジタルマーケティング視察
・農業視察(同行)

です。

なぜ、ミャンマーなのか?
というと、もともと途上国に貢献できる何かをしたい、と思い起業し、情報発信していたら、お誘いをいただいたから!というのがぶっちゃけなところです。

(あまり国にはこだわっておらず、自分がその国で役に立てることがあればどこでもOKです。)

(ザ・ヤンゴンな光景)

今回私が関わっているプロジェクトは、2つ。

ミャンマーから、英語圏に通用するメディア作りと、
ミャンマーのデジタルマーケティング活用についてのリサーチ

もちろん1人ではなく、チームで。
メディア構築の天才・深井先生や、

日本で1番早くDRMを行った伊勢さん、

アフリカで金融政策をされている村田さん、

農業部門で活躍されている方々、

現地コーディネートしてくれるカッチン、

そして、メディア構築を実際に行うミャンマーローカルの同年代たち!

こんなにもたくさんの方と、一緒に途上国で何かをできる幸せとこれからの課題を確認しつつ、前に着実に進んでいる実感があります。

ヤンゴン初日は、早速メディア記事作成の講義を。

初めての記事作成、
自国の言語でない英語での講義、
ワードプレスの使い方、
メディアテーマの決め方、
方向性のミーティング

などなど、初日から大学よりもハードな講義。

生徒のみんなも必死です。

「大変だったでしょ?」

と聞いたら、

「大学生に戻ったみたいで大変だけど、自分の収入を作るためだから頑張れる!」

と明るく答えてくれました^^

このメディアプロジェクトは、英語圏に通用するメディア記事を書き、アドセンス収入を作るというもの

アクセス数があがれば、アドセンス収入というものを得ることができるのです。

ただ、1クリック=0.1円
などの世界なので、アドセンス収入だけで食べていくには、かなり大変なものでもあります。

日本では、20万円くらいのアドセンス収入がないと、生活が苦しいものですが、ここミャンマーでは、1万円の価値がとても高い国です。

1万円あれば、学費を作ることができ、家も少し良い家に暮らすことができます。国内国外の旅行にもいけるようになるかもしれません。

しかも、一度アクセスが上がっていけば、記事を書かなくても収入だけが入り続けるという仕組みも作ることができるのです。

たった1万円かもしれませんが、ミャンマーの人にとっての1万円は大きいものです。
(職業にもよりますが、一般職の場合月給は8000円)

そのため、途上国でのメディア構築をするべく、英語で記事をかける先生や日本でのメディア構築のプロをお呼びして、メディア構築プロジェクトがスタートしました。

記事1本目から記事の収益化を狙います。

テーマ決定したら、次はメディアの構成(目次)設計の作業。
効果的な記事の構成は何か?
SEOを上げるためには?

などなど、私自身も一緒に英語メディアトライしていましたが、難しい。。中々根気がいる作業です。

実際に手を動かすのは、ミャンマー人の子ですが、継続させるためのサポートも同時に考えないとなあというところです。

また途中経過、ご報告させていただきます!

初日の最後は、みんな大好きお菓子つかみ*\(^o^)/*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

森 もえこ

今からビジネスをしていく人向けに初心者ができるメディア構築を行っています。 ワードプレス/SNSマーケティング/WEB構築/女性専用起業スクール運営