起業女子は淘汰され、消えていくのか?私の思うこと。

こんにちは。

今日は、消える?ことについてのお話。

 

ここ数年「キラキラ起業女子」が流行していることは、もう周知の事実かもしれません。
最近言われているのは、「キラキラ起業女子は淘汰され、実力ない人は消えていく」ということ。

暗い話は今日の論点が違うので、ここではしませんが、

 

「実力がない人が消えていく」

 

という話を聞いたときに、私は正直「消えてしまうのかな、私、、、」と一瞬脳をよぎりました。笑

でも、よく考えてみました。

 

私は、「消える」という意味、よくわからないなあと。

「キラキラ女性起業が淘汰され、実力がない人が消えていく」
という話を聞いて、私が強く感じることは、

「ビジネス」として、やっているから消えていくんだと思っています。

つまり、先に「お金」や「自分の豊かさ」を求めてしまうから、
実力勝負でビジネスをしてしまって、競合他社に消されてしまうのです。

私にとって、”起業”はビジネスではない。
私にとっての”起業”は、理想の世界を作るための「材料」みたいなものでもある。

起業は、私の理念、「途上国の豊かさに貢献する」ために、仲間を見つけながら、他の素材も混ぜながら、進んでいく。

だから競合他社なんて存在しなくて、私は私の信じることに向かうだけ。
もちろん、何かを成し遂げるために、競合他社のリサーチや成功事例・失敗事例は参考にします。自分のゴールを目指すために必要だなあと思うからです。

競争をしていくのではなくて、
これからずっと、今の仲間やこれから出会う仲間と、チームで歩んでいきたいし、チームで何かを達成した後の絶景をまた見てみたい。

ダメだったなあこのビジネス、と思うこともあるし、
これは長く続けて育てたいなあ!と思うビジネスもある。

「ビジネス」は、時代よって左右しますし、どんどん移り変わっていきます。

もちろん、
ビジネスが目的になっていたら、淘汰されるのも時間の問題。
ビジネスが目的なら実力が問われ、消えるのも当然の流れかもしれない。

 

記事読んでちょっとドッキリする人も、もしかしたらいるかもしれません。

 

でも、そういう人にこそ、
競争も、消される心配もない、ということをわかってほしいなあと思ってます。

 

大事なのは、自分のあり方と自分を信じること。
本当に貫きたい信念は、赤の他人に消されるものではないのです^ – ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

森 もえこ

今からビジネスをしていく人向けに初心者ができるメディア構築を行っています。 ワードプレス/SNSマーケティング/WEB構築/女性専用起業スクール運営