モチベーション格差は未来への格差。

こんにちは。
先日、初めて大学生1年生の女の子と個別相談をしました。

将来を真剣に考え、今できることや今からやるべきことを必死に探し、模索している方。
なんだか、私の大学時代や社会人2年目の頃ととても重なり、嬉しい気持ちにもなりましたが、
何よりも、あの頃考えていたことよりも想像以上の世界に今いることに、絶対に夢は叶うものだ、と話しながら確信にも変わりました。

会社員を辞め、独立して1年半。
今でも、前職には感謝が尽きないし、前職での経験がかなり生かされていたりする。(仕事としてではなく、人間として1番大きく成長できたと思う)

でも、会社でモヤモヤしていたとき、一緒に未来について考えてくれる人もいなかったし、未来へのモチベーションを持っている人も周りには全くいませんでした。

愚痴ばかり溢れる職場、他人の責任を求める人、責める人、自分をさらけ出せない人間関係、足の引っ張り合い、惨めなことなど。。

努力=希望の部署
ではない会社人事。

会社と家の往復で、将来への期待はあったものの、不安の方が大きく上回っていました。

「・・・・もう嫌だ。この環境を出たい。海外で働きたい。途上国に貢献するシゴトをしたい。」

ふつふつとその思いだけが膨らみ、いつの日かマグマのようにこみ上げた何かが爆発。笑

「起業しよう」

レオパレスの1Kの小さな部屋で、コツコツと小さく始めたインターネットマーケティングで、大きく人生変わっていきました。

通勤前の朝、お昼休憩、退社後にパソコンでコツコツと作業。

 

会社の人には申し訳なかったけれど、勤務中もいかに「仕事の合間に起業準備をするか?」ばかり考えていました。(スミマセン)

途上国とインターネットマーケティングに関わるイベントやセミナーに足を運び、起業するための自己啓発の本や、他人のブログを読み続けたり。

会社の仕事も好きでしたが、起業準備をし始めると、会社員だけの生活には戻れませんでした。

もう、会社以外の時間は、起業準備に夢中。遊びも飲み会も女子会も、全部行かなくなり、経営者や起業家の方との食事だけ参加。

そして、独立後はマレーシアへの移住や、バリでのカーチャータービジネス、ミャンマーでのマーケティング会社の立ち上げ準備など、

想像以上のスピードで、想像もできなかったようなことが連鎖し続けています。

話は戻りますが、大学生の女の子と個別相談して、実感したこと。

夢を叶えられる人と、そうでない人は、

圧倒的に「格差」があります。

その格差が
”現実”を動かし続けるモチベーションの格差

です。

現実を動かし続けるモチベーションが高ければ高いほど、未来も想像以上のものになっていきます。

「未来格差」になっていくのです。

もちろん、大変なこともあって、落ち込むこともあると思います。でも、現実を動かし続けるモチベーションを持ち続けて欲しい。

「意識高いね!」

という言葉なんかに負けずに。

そういう人や環境に何度も足を引っ張られる経験もしてきましたが、

自分の強みを探し続け生かしていくこと
途上国に貢献し続けること
自分自身で想像以上の未来を作り続けること

はこれからも続けていきます。

途上国×インターネットマーケティング

を起点に、より貢献できるシゴトを今からも作っていきたいと思います。

LINE@で週末起業から途上国起業をするための「週末起業講座」を配信中です。
1ヶ月間動画や講座を配信しているので、よかったらぜひ、参加してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

森 もえこ

今からビジネスをしていく人向けに初心者ができるメディア構築を行っています。 ワードプレス/SNSマーケティング/WEB構築/女性専用起業スクール運営