時間のないフリーランスにおすすめ!時間管理の秘訣とは?

こんにちは。

よく

「時間管理が苦手なので、教えてください」
「私はタスクが多すぎて手が回ってません、効率的な方法教えて下さい」

と聞かれますが、
大事なのは、

大量のタスクのこなし方

ではなく、

「本質的ではないタスクを削り、優先順位をつけていくこと」

です。

 

今日は、スクールの中でシェアをした、フリーランスの時間管理について紹介します。

フリーランスに必要な時間管理の考え方は?

フリーランスは、日々タスクに追われがちです。最近では、自分の好きなときに、すきなことだけを仕事にしたい!という方も増えていますが、実際はタスクに溢れ、毎日やらないことがいっぱい。こんなはずじゃなかった、、、

と悩む方も多いです。

そうやって、日々をタスクに追われる人生にならないためにも
「時間管理のマトリックス」という概念を身につけることをおすすめしています。

そのマトリックスとはこの図のことです。

(横軸は緊急度、縦軸は重要度とし、それぞれのタスクを4つの分類の中にあてはめていくこと)

私のようなフリーランスや、今から起業したい、副業したい、という方は、まずはじめに「時間がない」という現実に直面して、落ち込むと思います。

特にSNS起業を始めた最初のうちは、個別相談の時間や、SNSでの発信、集客といった、

「緊急度も高い」「重要度も高い」行動にフォーカスしがちです。

そのため、本来は重視すべき、お客様との時間や、売り上げに直結する成約率改善などを、
「重要度は高いが、緊急ではない」
という分類にしてしまいがちなのです。

ですが、本当に重視すべきは、「緊急度は低いが、重要度は高い」という領域です。

人は、良くも悪くも、ストレスを感じやすい生き物です。

なので、「緊急度が高い」「重要度も高い」という内容が多いと、ストレスを感じ、タスクの多さに直面、結果、煽られてしまう、、、という特性がありあす。

もちろん、情報発信や個別相談の時間も大切です。なので、”緊急度が低い”というステータスのときに、済ませておくのが余裕をもった時間の使い方になりますよね。

フリーランスで結果を出している人の時間の使い方

私含め、普通の人は、「緊急度も重要度も高い」タスクから取り組みますよね。

ある研究データでは、
そのタスクが多くなると、対極にある「緊急度も重要度も低い」タスクも増える!
という傾向があることがわかりました。

例えば、「緊急度も重要度も低いタスク」は、

・だらだらテレビを見る時間
・ネットサーフィンする時間
・大切でない飲み会への参加

などです。

これらは私にとっては、緊急度も重要度も低いタスクですし、やらないと決めたタスクでもあります。

人は1日に決断や判断できる量は決まっています。

朝起きて、判断をたくさんしていると、夜になると判断力や集中力って削られてしまっているのです。

こういった、優先順位の低いことに、意志力や判断力を使うのはもったいないですよね。

集中力や判断力がある人は、
こういった”無駄な優先順位の低いタスク”をできる限り減らしています。

私の周りの経営者や起業家は、

・自分の中での判断基準が明確で迷いがない
・意志力を余計なことに使わず、集中すべきところに使っている

という方が多いです。

洋服を選ぶ基準、食事の基準、お店選びの基準、すべてに自分の中での優先順位を決め、それに従って1日の判断をしているのです。

だから、仕事のときにあれこれ判断を迷うことがありません。

フリーランスは良くも悪くも、自分一人で判断し、自分一人でタスクをこなしていくときが増えるはずです。

その組み重ねと、判断のPDCAを高速回転させることが、結果を出すフリーランスの時間の使い方です。

私自身も、
食事、仕事するカフェ、1週間分の洋服、洋服を買う基準、すべて決めました。

そして、その基準と優先順位で選ぶことで、「メニューで悩む」という余計な意志力を使わないようにしています。

フリーランスにとって習慣化が効率をあげるための武器

1日のスケジュールや、1週間の行動が「習慣化」されると、物事が思った以上にスムーズに、自然と進むようになります。

例えば、朝7時に起きるという習慣は、最初はしんどいかもしれないですね。普段しないことをするのって、かなり体力や意志力が必要です。

でも、その習慣ができてくると、やらないことの方が不自然になってきてしまいます。

「習慣化」できるということは、無駄な判断力や意志力を使わないようにするための最強の武器です。

習慣は、最強の自分の味方でもあり、敵にもなります。

習慣を身につけたフリーランスはどんどんタスクを進めることができ、苦のない仕事の仕方ができてくるはずです。

逆に習慣化を味方にできなかったフリーランスは、目的・目標意識も下がってしまい、惰性で仕事をしてしまうようになるかもしれないですね、、。

フリーランスって会社ではないから、全部自分で決めないといけないんです。だから、フリーランスこそ、習慣化は必ず身につけておいてほしいスキルです。

湧き上がるタスクもどんどん進む!フリーランスの時間管理の秘訣

まずは、やらないタスクを決め、無駄なことに意志力を使わないようにすることです。
次に、「重要度が高く、緊急度が低い」内容の仕事を早めに着手し、終わらせること。

人ってどうしても、期限ギリギリにしてしまったりすると、脳が焦って、「自分は今忙しい!」と判断させてしまいます。実際はそんな大した忙しさではなくても。

なので、「緊急度が高い」というステージに入る前に、終わらせてしまうことがおすすめです。

また、睡眠を十分にとることもマストです。

研究データでは、
寝不足で仕事をしているのは、二日酔いと同じくらいの状況で仕事をしているようなものです。
集中できない、注意散漫になるなど、思考の麻痺状態で、判断力がガタ落ちです。

寝不足は厳禁。しっかりと睡眠をとって、1日を集中できる環境づくりをしていきましょう!

 

そうはいってもタスクは山盛りだよ!!

という声も聞こえてきそうなので、補足しますね。

私自身も、フリーランスになって色んな制約がなくなったとき、たくさんのやりたいことと、やらなければいけないこと、が溢れてきました。

本当に、夜通しやっても終わらないくらい。

やりきりたいと思って、夜通しやって、次の日全然集中力もたない・・・という悲惨な時期もありましたよ^^

フリーランスで大事なのは、無駄なタスクをなくして、本質以外をやらないこと、は実際にそうだけど、
一回くらいは「パンクする」経験も持つべきだと思うんです。(完全に精神論)

フリーランスになって6ヶ月目くらいのとき。

マレーシアの会社で1つのプロモーションをやったとき、全然うまくいかないし、手っ取り早い方法を教えてくれる人もいなかったし、無駄な作業か必要な作業なのかも判断できないこともたくさんありました。

今思うと80%くらいの作業は必要なかったな、、、と思うけれど、
無駄な作業も、必要な作業も、自分の仕事時間外であってもやり切る時期っていうのが必要だと思ってます。

ちょっときついけどね。

朝7時に会社に行って、適当にパンとコーヒー買って仕事スタート、
夜まで缶詰になってやって、夜ご飯はフルーツ、家にはシャワー浴びて寝に帰るだけ、、

みたいな時期が2ヶ月くらい続いたかな。笑

寝不足で集中力は散漫だし、モチベーションも低くなってたから、たくさんミスして怒られてた。

夜は南国なのにオフィスのエアコンは止まっちゃうから、扇風機回して体を冷やすためにスイカを片手にPCカタカタと。

もちろん、残業手当なんていう概念はない。

だから、日本の会社に戻りたいなあ、フリーランスなんてやめたいなあ、、と思ったこともしばしばありましたよ。

でも、体力的にも精神的にも辛い!やめたい!どうにかしたい!と思った時期、つまり「パンク」を経験したから、今があると思ってる。

そう、今は一皮むけた感じ。同じタスク量でも全く辛くなくて、むしろ、淡々とできるタスクになった。意志力を使わない、習慣化のステージかな。

そういう淡々とこなせるようになった自分も好きになった。

だから、習慣化や作業の効率化は日々進めていくべきだと思うけれど、一度「パンク」してみる経験も悪くはないよ^^

 

今ならLINE@ご登録で120分のオンライン動画プレゼント!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

森 もえこ

今からビジネスをしていく人向けに初心者ができるメディア構築を行っています。 ワードプレス/SNSマーケティング/WEB構築/女性専用起業スクール運営