【週末起業の始め方】まず小さくやってみよう!〜イベントの作り方編〜

こんにちは。

前回のブログで、私が会社員+αでやっていることを書きました。

【週末起業の始め方】本業+αでできること

今日から連載で、それぞれの始め方を紹介します!

私の週末起業歴は、今の時点で約2年。(2017年1月スタート)

当時の起業塾では商品設計を行いましたが、一生もの!と言えるくらいにしっくりくるものはなく、、、
でも何か始めなきゃ!という焦りの元、”今”できることに取り組んでいきました。

まず最初に取り掛かったことが、「イベントの主催」でした。

旅会、読書会、朝会、夢ノート作り、
それぞれテーマを決めて、集客をし、イベントを開いてきました。

どれもとても小さなイベントで、4~5人の規模です。

では、ここからイベント作りの一連の流れを書いていきます。

コンセプト作り

イベント作りで、もっとも重要な部分です。コンセプトが決定しなければ、集客や場所の決定、コンテンツ作成も進みません。

ここで大事なコンセプトが

「誰に、何の価値提供をするのか?」

ということです。

今までの知識をアウトプットするでも良いですし、あなたの得意なことの情報をまとめて、知識を広めるでも良いです。

例えば私の場合は、マーケティングを学んだらマーケティング勉強会、
ホームページの作り方勉強会、起業マインドセットの朝会、目標設定朝会、本を効果的に読む読書会など、基本的には、私自身がセミナーや講義で学んだ内容を、お伝えする勉強会を開いたりしました。

ターゲット設定をして、ターゲットの悩みを解決できる内容を作っていきます。

ターゲットの作り方についてはこちらを参照してください。

0からの起業でも飛ぶように売れる!ターゲット設定の秘密

ターゲットにそって、開催日時の決定や、場所の決定をしていきます。
コンセプト決定は、集客と内容決め、概要決定の大きな”肝”となるので、1番最初にしっかりと決めていきましょう。

ここの軸が太いほど、イベント開催において、判断の迷いが減ります。

概要決定

コンセプトが決定したら、イベント概要を作成します。

主に、
イベント規模(人数)
開催時間
開催場所
内容
です。

まず、

イベント規模

4-5人の小さな規模、10人、30人など、どれくらいの規模で行いたいかを決定します。

ここで重要なのは、先に人数を決めるということ。

「集客ができるかどうかわからないから、人数を設定しない」
という方もいらっしゃいますが、この場合、集客が0人だと、イベント開催できなくなりますよね。

集客規模を先に決め、その規模数にするために必要な情報を集めたり、必要な事務の手配、場所の手配をしていきます。

開催時間

ターゲットの1日のスケジュールは把握していますか?

ターゲットが20代女性なのに、平日昼開催としても、仕事で参加しにくいですよね。
OLに設定をするのなら、平日の夜や、休日の方が参加しやすいはず。

逆にお子様のいらっしゃる方であれば、夜よりも昼の方が都合良い方が多いです。

あなたの設定した、ターゲットの1日のスケジュールの中で、都合が良い曜日や時間を決めていきましょう

開催場所

時間と同じ考え方でです。基本的には、ターゲットが参加しやすい場所にしていきましょう。

また、どのようなイベントにするかによって、場所選びが変わってきます。

静かな場所が良いのか、
ホテルラウンジかカフェか、
セミナールームを借りるのかどうか、

などなど。

ターゲットにとってアクセスもよく、コンセプトにあった場所を探すのは意外と難しいです。
会場探しに慣れてきたり、定期的に同じ場所で行うようになれば、仕事も効率化できます。

内容決め

イベントの内容を決めていきます。
参加者に参加してもらうベネフィットは何ですか?
イベントに参加したら、参加者の未来はどうなりますか?

コンセプトとかぶる部分になりますが、告知に必要になるので、内容も細かく決めていきましょう。

集客

イベント概要が決まったら、いよいよお客様を集めていきます!

まず、集客をするためには、
告知ページ(ランディングページ)等を作成します。

告知ページ

イベントを告知するためのページのことです。
ワードプレス、アメブロ、facebookイベントなど、告知する方法は様々です。まずは、イベント概要をまとめたページの作成をしましょう。

・申し込み方法

申し込みフォームの作成(私はフォームズを使っていました)
LINE@に返信をもらう
メールアドレスに連絡をもらう

など申し込み方法を明記して、フォームの作成をします。

フォームを作成したら、申し込み後の自動返信なども必要です。
自動返信の記載事項は、参加者がイベントにくるためのすべての情報を記載してください。

(開催日時、タイムスケジュール、場所、行き方、持ち物、入金方法などは必須です!)

・入金方法

有料イベントにする場合、「事前決済」が、運用としてもとても便利です。
かならず、決済期日を設けましょう。

クレジットカード決済の場合、paypalやanypayは初心者の方が使いやすい決済システムです。その他にも決済システムはありますが、事前審査や申し込みが必要なので、低単価の場合、paypalやanypayが便利です。

銀行振込の場合、振込先をお伝えして振込を依頼します。

入金の部分はしっかり確認ととっていきましょう。現地決済になると、おつりを用意したり、ドタキャンによるキャンセル費用発生などが起こりえます。

・告知方法

やはりイベント主催者の多くの悩みは、集客がうまくいかないことです。何で集客をするか、戦略を決めていきましょう。

facebookでの情報発信、インスタグラム、ツイッター、LINE@、メルマガなど、たくさんのインターネット集客方法があります。

web集客を最大限に利用して、効率的に見込み客を集めていきましょう。

集客方法はこちらにあります。

web集客法について

コンテンツ作成

よく、概要を決める前に、コンテンツ作成をする方もいらっしゃいますが、コンテンツ作成はイベント前日でOKです。

なぜなら、参加を決めたお客様の悩みを聞き出し、その悩みを解決できるコンテンツ作りができるからです。
コンセプトに沿って内容を決めますが、お客さまの解決に必要な情報を詰め込みます。

イベント当日

会場には最低でも30分前にはついておきましょう。

資料の印刷が必要だったら、過不足ないようにするために、近くにコンビニがある場所にする、
会場のトイレはどこにあるのか、
喫煙と禁煙はわかれているのか、
お店はわかりやすいか(わかりにくかったら、直前でも良いのでメールでお知らせした方が親切!)
会場が騒がしくないか、
テーブルや椅子の広さは十分か(狭いと感じたら、広くしてもらうように交渉)
コンセントあればなおベスト!(PCを使う場合)

など、イベント主催として、参加者が満足がいくように、参加者に安心してご参加してもらえるように、できる限りの気配りをします。

慣れていない会場だったら、前日入りしても良いかもしれません。

イベント終了後

無事にイベントが終了してもしていなくても、笑

「お礼のメール」

は必ず送りましょう!

今はあなたの直接のお客さんにはならないかもしれませんが、人脈が人脈を読んできたり、
また次のイベントに参加いただけるかもしれません。

facebookなどSNSでつながって、さらに交流を深めるのも良いですし、
悩み解決のために、個別相談等を開催するのも良いです。

「イベントを一度で終わらせない工夫」

をして、2度目につなげていきましょう。

ここまで、イベントの一連の流れを偉そうに、書きましたが、
私の最初のイベント開催は、本当に緊張して、夜からほっとんど眠れませんでした笑。

お茶会なのに、お茶を一滴も飲まなかった時もあります。

それでも、徐々に慣れ、イベント開催も定期的に開催するようになりました。
準備〜当日〜終了後の基本的な流れが身につくと、次の会はもっとスムーズになり、改善もできるようになっていきます。

何事も、やって経験をしてみないと、わかりません。

わかったふりをして、やらないことが1番毒です。

しかも、一度主催をしてみると、お客様が何に悩んでいるのかもわかりますし、さらに悩み解決のためのセミナーやイベントを開催できるかもしれません。

一度開催すると、見える世界がドーンっと変わります。
周りの応援のされ方も変わっていきますしね!

私の初イベントは、旅好き女子のランチ会でした。
その時のfacebook投稿がこちら!

コメントは当時の起業スクールのメンバーがたくさん応援してくれて、、、!
本当に嬉しかったなあ。

この1回目の開催を皮切りに、勉強会、朝活、読書会、セミナー、などを定期的に開催していきました。

ぜひ、週末起業から始めるイベント主催もやってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

森 もえこ

今からビジネスをしていく人向けに初心者ができるメディア構築を行っています。 ワードプレス/SNSマーケティング/WEB構築/女性専用起業スクール運営