念願のアジアで仕事を作れた理由と、これからやりたいこと

今はバリにきています。
今回のバリの記録は、facebookとインスタグラムでタイムリーに配信していたので、何をしているか気になったら、見てください^^

facebookはこちらから^^

毎日更新中!インスタグラムはこちらです^^

 

 

View this post on Instagram

 

【新たな出会いが広がるバリ滞在】 . ダイバー、ドライバー、ガイド、 バリには外国人をお客さんとするローカルの子がたくさんいます。 . 街を歩いてたら、 後ろから、 . 「日本人ですか!???お友達になってください!!!」 .  と笑顔の超絶かわいい女の子から話しかけられました♡ .  いつものように 何か売りに来たのかな?? .  と半分うんざりすることが多いのですが、、 .  この女の子は本当にかわいくて、 一緒にジュース飲みながら日本語の勉強してました。 .  年齢聞いたら、まだ18歳!! .  日本語堪能、商売上手、笑顔が素敵! .  そしてひたむきな努力。 .  彼女はとっても若いのだけど、 お店のムードメーカー的な存在みたい^^ .  得意や才能がない若い時は、 笑顔をひたむきさがあれば、 .  ほんとなんでもできて、可能性も無限大なんだなあ! と彼女を見て思いました。 .  まだまだ私も頑張ります!

森 もえこ/海外在住フリーランスさん(@morimoee)がシェアした投稿 –

実は私、アジアで働くことが大学生の時からの夢でした。新卒ではグローバル展開をするという企業に入社して、アジアに異動するつもりでいたものの、20代で英語も才能もなかったので、そのチャンスを得ることはできないまま退職をしました。

今、私は十分すぎるくらい、会社員のときに思い描いていた海外生活を送り、念願のアジア移住、アジアで仕事をするということが当たり前になりました。
次の目標も見えてきています。

では、なぜ、アジアで仕事が作れるようになったのか?今日は自分で仕事を作っていくことについて書いていきます。
アジアでなくても、日本でも、同じことです。

アジアのビジネスに出会えた経緯

2012年20歳のとき、初めてインドに行った時に、

ここで雇用を作りたい、
アジアの雇用を作れるような仕事をしたい、

と思い、帰国してからすぐ、NPOやNGO、青年海外協力隊、ユニセフ、ボランティアなど、できることは全て参加していました。

その後、新卒で入社してからも、アジアで働くプロセス、能力、必要なスキルを聞くためにいろんな人にアポをとったり、起業している方にお話を伺いに行ったりしていました。

当時は、起業や海外で何かをするっていうこと自体が、ものすごく大きなものに見えて、何もできずにいたのですが、

起業して、マレーシアに移住してから、あるスペシャルすぎるご縁がつながり、
バリやミャンマーという国に関わるようになったのです。

今行っているバリのカーチャータービジネスは、私が1番最初にマーケティングを学んだスクールで出会った女性経営者の方と立ち上げました。

今では、カーチャーターだけではなく、女性起業専門スクールも並行して開講しています。

「こうしたい!」「こういうことをやってみたい!」
とわくわく考えていても、
思っているだけではもちろんダメで、、、!

 

現実化させていくには、
・実現のために必要な情報収集をする

・すでに実現している人に聞く

・やりたいことを口に出す!

そうすると不思議なくらい、想像もしていなかった場所からご縁をいただいたり、お声がけをもらうようになります。

情報を集めれば、知識として選択肢が増えていきます。

すでに実現している人に聞けば、自分自身の実現に向けたプロセスを教えてくれます。

やりたいことを口に出せば、仲間が集まってきます。

 

「途上国に貢献できる人になる」と決めて、6年越し、、、!

まだまだ完成には程遠い道のりだし、目も当てられないくらいたくさんの改善点がありますが、今までに学んだwebマーケティングを駆使すれば、まだまだ伸ばせると信じています。

これから、アジアで目指していくこと

それは、今日まで私が約2年間携わっているwebマーケティングを使って、業種業界関係なく水平展開をさせていくことです。

マーケティングが何かを全く知らなかった会社員時代で、言葉を聞いてもピンとこなかったのですが、徐々にwebマーケティングに染まっていきました。

webマーケティングを軸にして、女性で起業したい人へのサポートやwebマーケティングの力を使った雇用サポート、集客も実践でやっていけるようになりました。座学だけではなくてね。

そして今、いろんな業界、業種でwebマーケティングを使っている経営者の方々との出会いによって、
これは水平展開できるものと確信に変わっています。

途上国で仕事を生み出すことなんて、

経験値があって英語が話せて、エリートしかできないものだと思い込んでいましたが、
そんなことはありません。

必要なのは、

選択肢を広げられるかどうか、
その知識を知っているかどうか。

ずっとずっと、思い続けていた途上国の雇用を作りたい、という気持ち。

20歳でインドで感じた思いを、これからwebマーケティングを駆使して、水平展開をさせていきたいと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

今ならLINE@ご登録で120分のオンライン動画プレゼント!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA