27歳。論理を超えた自分の目を養いたい。

こんにちは。

実は先月、27歳になりました^^
私の27歳のイメージとは、良くも悪くもかけ離れた今ですが、
朝起きたら、健康で、夢があるって、やっぱり最高な生き方だなと毎日思います。

27歳って、アラサーの年代だし、
20代前半の若手ほど、可愛がられることもなくなるし笑、
何だか大人なんだか、若手なんだか、中途半端な歳ですが、30代に向けて、形や土台を作っていかなきゃいけない時期なんだと思います。

26歳最後の日は、コロンボにいました。

コロンボでは、自然と都市部を行き来しながら、振り返りと未来への構想をしていました。

まずは、26歳の振り返り。

昨年から、本格的に途上国での雇用づくりという活動をスタートさせました。

バリの低所得層にドライバーという職につくために、カーチャーターのビジネスをしたり、
ミャンマーで、先進国からアドセンス収入を作るというプロジェクトをスタートしたり、
途上国でのデジタルマーケティングの可能性を生み出したり、

今までの人生で、1番動いた年だったように思う。

でも一方で正直のところ、いやだなあと思うことも、絶望も、裏切りも、生きていた中で1番多かったように思う。

「バリ人なんて信じられない」

「インド人は嘘つきだ」

「(途上国の人なんだから)もっと安くして」

そんな言葉もたくさん聞くたびに、悲しさ・怒り・言葉にはできない虚しさで頭がいっぱいになったこともあります。

世の中には、何でこんなにも偏見や差別が多いのだろう、知らないのに何で勝手にラベルづけをするんだろう、何で人にそんな言葉を使えるんだろう、、、アンフェアなことが多すぎるとも人生で1番感じたような気がします。

そして、そういう言葉を使う人が、実は、とっても身近な人や尊敬する人だったりすると、一気に気力もエネルギーも0になる。(むしろマイナスで負のオーラを出してたかも笑)

ぶっちゃけ、大好きだったのに、嫌いになってしまった時期もあります。
(もうね、尊敬していた人の言葉なのに、何も響かなくなってしまったの。。)

飲み会の途中で、勝手に帰ったこともあります笑笑。。
(こういった部分は、大人になっていきたいものですね笑)

でも、1年を通して、
インドネシア、ミャンマー、マレーシア、日本で活動をさせてもらって、
自分が持っている意思は遂行したとも思える。

意思が強ければ強いほど、アンチと言われる人や、アンフェアな事実も増えてくんだ、、と思った反面、

意思とアクションが伴えば、強力なサポートや知恵、情報、人、運が集まってくるのだという実感もあります。

強力なサポートのおかげで、今は大事な大事な信念を曲げずにいられます。

そして、その信念を曲げないためには、
論理的に生きることや、目標を持つことでは解決できないとも知りました。

だから今、エネルギーの循環や気功をはじめました。

正直、目標を達成すると、残るものってほとんどないんです。

私自身、「年収1000万円」を目標に掲げてビジネスをしていました。
でも、実際年収1000万円を達成すると、必要なもの以外消えました。

私の場合、残ったのは
「動きたい」

という思いだけでした。

 

次は年収1億円を目指そう、とか
投資をしよう、車を買おう、もっと良い暮らしをしよう、これが欲しい、旅行行きたい
という感情は一ミリも出てこなかったんです。

ただ動きたい、それだけでした。

人間って不思議なもので、目標や夢を1つ達成すると、急に虚しくなるんですよね。そして、残るものしか残らなくなるんです。

私の場合は、「動きたい」という思いが強く残ったことを知りました。

とにかく動かなきゃという直観。

正直、論理だけでは解決できない感情こそ、私が従っていくべき未来なんじゃないかと思うのです。

そして、人は動いていれば、才能も、没頭できるフローも、アイデアも、人としての価値も、1人の人間から見いだせるようになるんだと思います。

結果、社会問題に対しても、解決の糸口を作っていけるのだと思いながら、27歳は目の前の課題に対して、アクションし続けられる存在に成長していきたいと思います。

写真は、スリランカのピトゥンガランロックにて。
大自然の中にいると、悩みなんてものはちっぽけに感じる。

27歳は、アンフェアなことにも、理不尽なことにも、信念貫いて、形を残せる人になるように尽力します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

森 もえこ

今からビジネスをしていく人向けに初心者ができるメディア構築を行っています。 ワードプレス/SNSマーケティング/WEB構築/女性専用起業スクール運営