フリーランスがエネルギー切れを起こしたら致命的??その処方箋を紹介します!

ついこの前、ふとしたきっかけで”エネルギー切れ”を起こしていました。
そのきっかけは何か・・・?

原因はこれ。

「アジアの人は信頼できない」

という知人の一言と、たまたま目にした、外国人労働者に関するニュース。
日本では、外国人労働者は三六協定を無視させ、サービス残業を強いていた、という内容でした。

そして、
「日本人がアジアの人を見下すこと」について考えたからです。

そもそも、日本人がアジアの人を見下すことについては、前々から疑問に思っていたことでした。

で、私は今何をしているんだろうか?

と急に虚しさに襲われて、今やっていることなんて無意味なんじゃないか、とっとと結婚して女性起業の業界なんてやめたい。

と思った瞬間がありました。

 

あの、燃えまくってたエネルギーはどこいった?
と思うくらい、エネルギー切れを起こしたのです。

もしあなたがフリーランスだったら、自分が止まったら収入も止まる、、、という怖い未来を知っているはず。笑

フリーランスは良くも悪くも、自分が動かなければ、自動的に入ってくる収入はないのです。
だから、エネルギー切れを起こして、作業が止まってしまった場合、単純に「収入」に影響してきます。

もし今、あなたが、エネルギー切れを起こしてしまっているのなら、ちょっとした処方箋を書いていきますね。

私が、知人のたった一言と、たった1つのニュースで、エネルギー切れを起こし、元どおりになるまでのプロセスを書いていきます。

 

エネルギー切れの弊害、、、

具体的には、

・セミナーを主催する気にならない

・途上国ビジネスの集客の戦略を考えられない

・ルーチン作業だったのにだるく感じる

・呼吸をしているように情報発信してたのに、やる気にならない

・朝が辛い。

 

このブログを読んでくれている人の中には、週末フリーランスとして活躍している人も多いと思うのですが、

会社以外の活動をして、集客をして、内容を作って、サービス提供をして、、、って本当に結構パワーがいる活動です!!

 

流れに乗って、エネルギーがみなぎっているときは、問題ない。

大して力を入れ続けなくても、うまく次元上昇していけるから。

でも、エネルギーが急に切れた時は要注意

 

エネルギーが切れた時にやること

私がエネルギー切れた時にやるのはこの3つです。

・その時の感情をノートにすべて書き出すこと

・目の前の人に「今自分が何ができるか?」自分に問いかけること

・考えきって、考えたものをアウトプットすること

 

フリーランスって、
普段、目の前のことに追われて、あまり考え事をする時間って取れないと思うのですが、
自分のエネルギーが切れてるってわかった時、

まずは、今の気持ち、感情、理想をすべて自分の外に出していくといいです。

考えたことをツイッターにアップしたり、ブログに記事にしたり、ただの日記を書いたり、そうすれば思考の整理が思っている以上にできていきます。

しかもそれは、自分一人の思考で考えるよりも、
建設的で一人よがりでないものになっていくはず!

エネルギー切れの期間は、内側で凝り固まっているものを、外に出し、整理していきました。

具体的には、

・毎日の手帳に考えていることを書き出す

・過去の同じ思いだったことを思い出す

・「なぜ」にフォーカスをおく

と、普段問いかけない、自分の内側の感情と向き合っていきました。

あと、「今の私ができることは何か?」を自分に質問をし続けた。

これは魔法の質問だと思いますね。

例えば、

・タクシー乗った時、今私がタクシーの人に何ができるのか?

→笑顔で”ありがとう”といえば、タクシーの運転手は嬉しいだろう

・今、カフェの店員にできることは何か?

→綺麗にカフェを使ってたら、片つけも楽で嬉しいだろう

とか、小さなことでも
「今の私ができることは何か?」を自分に質問し続け、アクションを取ると、エネルギーが回り始めます!

自分の感情が今何を思っているのかを知り、その要素を自分で理解し、自分の持つ気持ちを観察していきました。

その結果、

「私は、人の想像した、途上国のイメージではなく、現実で起きていることを知りたい」

「私は、メディアや人が作っている途上国のイメージではなく、途上国の人の可能性をもっと輝かせていきたい」

「私は、もっと信頼を持てる人たちとビジネスをしていきたい」

 

という、自分の中で、新しい「のぞみ」を知ることができました。

その望みに対して、ノートに書き出し、セルフコーチングをしていった、私の次の目標は

・途上国の国を、メディアが作り上げた情報ではなく、自分の目で事実をみていくこと

・フリーランスとして、お客様・パートナーとの信頼関係を強くしていくこと

・目の前にいるアジアの人の喜ぶことを全てできるようにしてあげること

です。この3つを実現させていくことで、私の望みを得ることができると気づきました。

 

エネルギー切れをしているとき、絶対にやってはいけないこと

上では、やった方が良いことを書いていきましたが、絶対にやってはいけないことがあります。

それは、エネルギー満タンのフリをして、そういった自分を表だけ、繕うこと。

 

こういう人、たくさんいませんか??

エネルギーがないのに、表だけ着飾って発信だけを続ける

集客ができない

見ている側で、「何か必死だな、、」という感情が伝わる

本人も余裕のそぶりを出そうと余計なエネルギーを使う

無意識に「押し売り」が出てしまい、相手のことを考えられない

余計に人が去っていく

自分のエネルギーの注ぐべき点を見誤る

 

これはかなりやばいループ!!

エネルギーがない、と思った時に、自分を騙して、着飾らなくていいです。

下がっている時にやるべきことは、上にも書いた通り、自分の内側と対話をしていくこと。

自分との対話ができたら、徐々に相手との建設的な対話ができるようになっていきますよ。

エネルギー切れをしても、売り上げが立つ仕組みを作る。

 

もし、今あなたがエネルギー切れを起こしているのなら、ここからの内容はきっと今やる気持ちにはなれないでしょう。
だから読み飛ばしてもらっていいですが、少しエネルギーがたまって循環し始めたら、やってほしい内容です。

それは、エネルギーがなくても、売り上げが立っている”状態”を作っておくこと。

 

いわゆる、”収入の自動化”です。

もう聞き飽きてるかもしれません。
でも、不安定な「フリーランス」だからこそ、”収入の自動化”を知って、「仕組み」を作ることを強くお勧めしています。

今回の私のエネルギー切れ期間、自動的に売り上げは上がり続けていました。

ちょうどその仕組みを作り始めて1年。ようやく形に出てきたという感じです。仕組みがあるということは、エネルギー切れの状態でも、やる気が起きない状態でも、自分が病気で働けない状態でも、「安定収入」を得れるという状態です。

私がフリーランスになって、やっぱり1番恐れていることは、

「エネルギー切れ」「モチベーションが上がらない」ということです
その結果、収入にも影響してしまう、ということがわかっているからです。

だから最低限、

「エネルギー切れしない対策」「モチベーションの保ち方」を研究して、自分のパターンを作ってきたつもりでも、

いつの間にか、「エネルギー切れ」「モチベーションが上がらない」というものは、誰もが当たる壁です。

その中でも、しっかりと仕組みを作っていく、
私たちフリーランスの宿命ではないでしょうか。

もし今、あなたが、エネルギー切れをしているのなら、そんなん作る気力ないよ!

となると思いますが、いつかこの仕組みづくりに取り掛かれるエネルギーを取り戻したら、次のエネルギー切れのタイミングではもっと気持ちも楽になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

森 もえこ

今からビジネスをしていく人向けに初心者ができるメディア構築を行っています。 ワードプレス/SNSマーケティング/WEB構築/女性専用起業スクール運営