女性起業家がビジネスで成功するための「理念経営」

今日のテーマは、「理念経営」についてお伝えします。

 

女性がこれから起業して、成功していくには「理念」が必須です。
全ての行動には、何かしらの思いや「理念」があります。

別の言い方でいうと、「価値観」や「思い」「ビジョン」のことですね。

つまりは、自分の生き方や考え方の中心にあることです。

私は2018年6月に、バリでのビジネスを始めました。

全く初めてのアジアでの挑戦。
結果は、サービスの内容を決定して、情報発信をして
即時申し込み、
1週間後には社員旅行の大型の受注を受け、
初めてのバリ事業としてはとても嬉しい結果です。

そこで、なぜ、はじめてまもない、
しかも知識も何もない私がバリ事業に挑戦してうまくいったのかを
お伝えしたいと思います。

ここに書くことで、
少しでも多くの人に行動の勇気と本来の人のエネルギーを
見つけるきっかけになれば幸いです。

ジャック・マーの「お金を追うな、お金は人についていき、人は夢を追う。」

まずはこの動画をみてほしい。

 

私は、この動画を見た時に、心底鳥肌もたち、焦りも感じました。

・私は何をやっているんだろう?
・周りには仕事へ文句を言っている人ばっかり、私自身もつられて文句ばっかり。
・いつから情熱をなくしてしまってるんだろう
・なんで何も変えられないんだろう


ジャック・マーの「お金を追うな、お金は人についていき、人は夢を追う。」
の言葉に強く感銘して、
私は、一生夢を追う側の人間になりたいと思いました。

起業したい、起業して情報発信をしている、
という方には一度は考えたことがあると思います。

「私の夢は一体なんなんだろうか」
「私は本当は何をしたいんだろうか」

私も考えていたことがありました。

知識、人脈、経験、資金、全くの0の状態から
どうやって起業ができたのか?

どうやったら、日本の女性が、好きなことで稼いで、
自分の使命に忠実に生きていけるのか、
少しヒントになるかと思って、ここに書いていきます。

まずは、こちらです。

商品ではない、夢とビジョンを掲げてみよう!

起業になぜ夢がいるのか?
お金に直結するのは「いい商品」「いいサービス」ではないのか?

それは、実際に私がバリでのビジネスをスタートして、
ひどく痛感したことがあるからです。

・人は「思い」に共感して応援したい人からサービスを買う

・思いがあれば、痛みを伴っても行動ができる

 

ということです。

実際にビジネスで成功している人は、先に借金を抱えて大きくしたり、
ジャックマーのように、1ヶ月100円しか稼げなくて周りに反対されながらも、
今では偉人と言われるようになったりしています。

多くの人は借金をしそうになったら、起業を諦めます。

その理由は、借金をする怖さもありますが、
何よりも借金をしてまで「やる理由」がないからです。

なぜ「やる理由」がないのかというと、自分の「思い」が小さいからです。

 

まず、起業をしたいと思い立った時に、様々な理由があると思いますが、

・お金を稼ぎたい
・豊かな生活をしたい
・面白いチャンスがある
・理想のライフスタイルになれる

などなど、そもそも、「起業」してやらないといけない理由がない人が多いと思います。

お金を稼ぐなら、投資で稼ぐことも可能ですし、
外資系企業にいけば今の2倍くらいのお給料かもしれません。

豊かな生活をしたければ、
マインドを変えるだけで「豊かになる」と言えるようなこともあります。

面白いチャンスや理想のライフスタイルは企業でも叶えられますし、
起業しないと叶わないわけではありません。

では、どのように「やる理由」を見つけるのでしょうか。

エネルギーの源泉

エネルギーの源泉とは、もともと人間がもっている、使命や燃えたぎる思いのようなものです。

人がすごいエネルギーがわくときは、
自分のために尽くす、よりも
「誰かの幸せに尽くす」方がよっぽどエネルギーレベルが高くなります。

こういう経験ありませんか?

・誰かと一緒に作り上げるのにすごい達成感を感じた
・子どものためならなんでもできる
・無償奉仕でやってあげたくなる
・ここにいると、エネルギーがわいてくる
・人に感謝されることってものすごく嬉しい、やりがい。


など、あなたが生活している中でエネルギーがわく瞬間があると思います。

もしくは過去にエネルギーがわいた瞬間を思い出してみてください。

おそらくそのエネルギーには

「誰かの役に立ちたい」
「何かに貢献したい」
「〜〜さんを幸せにしたい」

という、「人」が存在しているはずです。

でも日本では、決められたルールの中で、
自分の志ではなく、他人軸で生きるように教育されてきているので、思い出せない人もいると思います。

むしろ、そんな経験ない!!
と記憶を辿ろうとしない人もいるかもしれませんね。

ここで立ち止まって、記憶をたどってみてください。
あなたのエネルギーが燃え立つ瞬間を。

そして、それをしっかりとノートに書き出しておいてくださいね。

やらない理由はたくさんある、でも文句を言っている時間はない

ジャックマーの動画にあった言葉です。
「ないものに集中して文句を言う人がいる
 文句は人に言わせていればいい
 他の人の文句に言わせてればいい」

やらない理由を探して、
今ある現状に文句や、不満、不安に集中してしまう。

残念ながら、どこにいってもそういう人たちはいるんです。
もしかしたら、「私かも・・?」と思った方もいるかもしれないですね。

やらない理由を探し回って、結局やらずに成果もだせない。
変わらない現状のまま。そうやって時間をただ過ごしてしまっている人もいるでしょう。

でも、やらない理由を探し続けても現実は変わらないんです。
変わるのは、「やる理由」を見つけられた時だけです。

そのやる理由を見つけられたら話は早いです。
次にすべきことは、時代の変化、時代の速さに追いつきながら、変化を楽しむことです。

SNSで誰もが活躍できる手段を平等に得た

ほぼ全員が理解しているように、現代のインターネットやSNSの発達はすさまじいです。
しかも、それらを一部の権力者だけではなく、
「一般人」が手にとって、使いこなしていけている時代です。

SNSの中では、権力、知名度、経験、知識、年齢は全く関係ありません。

インドではIT革命によって、
格差がひっくり返ったと言われていますが、
それと同じくらい大きなことが起こっているように見えます。

インスタグラムでは、インスタグラマーと言われる人が企業からの広告収入をえて、
インターネットを使えば、いくらでも広告収入のチャンスを得ることができる。
つい先日は、高校生のアフィリエイターに会って、びっくりしました。

未成年だって、同じ土俵に立って稼ぐことができる。

つまり、「個人の台頭」です。

SNSはインターネットの環境があれば、
誰もが手に入れられるツールです。無料のものもたくさんあります。

今までは、ビジネスをしていくには、何百万もの広告費やシステム費が必要でした。
だから、企業や経験やスキルを持っている人しかできなかったと思います。

しかし、今は、違います。

SNSを使えば、誰もが平等に、
同じ土俵に立ってビジネスをすることが可能な時代になりました。

SNSを使って、事業への思いと理念を発信した結果えたもの。

それは、素敵なお客様と感謝です。

前述した通り、SNSを使えば、簡単にビジネスが始められます。
事業への思いを伝えたら、たくさんの共感の声や、賛同したいというお声をいただきました。

そして、初のお客様からのご連絡もいただきました。

「もえこさんの商品を買いたい」

バリ事業を始めて3日後にfacebookで事業理念を発信しただけの告知でした。

早速の個人のお客様。
団体旅行のお問い合わせ。

今まで企業が、

・オフィスを整えて
・システムを導入して
・広告費をかけて
・DMやテレアポをして

といったことは全くしていません。

そして、「ありがとう」と言われたことはとても嬉しくて、言葉では言い表せるものではありません。

 

言い訳はもうお腹いっぱい。やる動機を探そう!

話は戻りますが、この事業は「言い訳探し」の先に得たものではありません。

たった1人の少年との出会い、その少年を助けたくて、始めた事業。
その少年を助けるための手段は何があるのか?
その手段を考えてたどり着いた結果が、

「バリでの観光客向けのカーチャータービジネス」

ドライバーの免許を取得して、お客様にサービスをした対価でお金を得るということです。

そこから
バリでカーチャーターで成功していくために必要なことを考えました。

・ドライバーの免許の取得
・車の手配方法
・免許取得方法
・相場
・アピール方法
・集客媒体

などなど、

調べれば調べるほど、できない理由がなくなります。

うまくいっている会社や個人のサービスを徹底的に調べて、
他社と差別化してうまくいく部分をリサーチして、トライして、失敗したら再トライ。

ローカルの子が、

「免許取得が怖い」

といえば、
励まし、
自己肯定感が上がるように、褒めたたえて、、、

その繰り返しです。

できる方法を考えたらたくさんでてきます。

ただ、できる方法を考えるにはある一つのコツがいります。

そのコツが

「誰かのためを考えること」です。

 

誰かのためにビジネスをするほど、強く続けられるものはありません。

前にも述べました。
起業を諦めるのは、動機に「人」が存在していないからです。

ビジネスの原理原則は

・誰かの悩みの解決
・誰かの不満の解決
です。

「誰かを救いたい」

そういう動機があったとき、
人はやり続ける理由と、
ビジネスが成功するための理由を探すことができるようになると思うのです。

まとめーきっとうまくいく。日本人の女性へ、エネルギーの源泉に戻ろう!

私が好きな言葉に「きっとうまくいく」という言葉があります。
インドの映画のタイトルの言葉ですが、とても勇気付けられる言葉です。

日本での教育では、

・失敗を恐れ
・誰かのひいたルールを歩くことを正とされ
・出た杭は打たれる

そういった教育や社会だったので、
なかなか発言もできないし、
自分自身の「本当にやりたいこと」というものを伏せて、
隠して、見つからなくしてしまいがちです。

だから、私たちは、「本当にやりたいこと」、
つまり「エネルギーの源泉」を意識的に探し続けていく必要があります。

 

育ってきた環境によって、
このエネルギーの源泉は、奥深いところにある人、すぐそこにある人、といるかもしれません。

でも、両者に共通しているのは、どちらにしても探さないといけない
ということです。

しかも意識的に過去に遡って。

エネルギーがわく瞬間を捉えることができれば、あなたの使命が見つかり、やるべきことがわかります。

そして、それに向かって理念を作るのです。

なぜやりたいのか。
なぜ、救いたいのか。
なぜ、自分がやるのか。
徹底的に向き合っていく必要があります。
1日、2日の時間では足りないかもしれません。
でも、「向き合う」と決めた瞬間が正念場です。

その動機がたくさんあればあるほど、強く長くビジネスをしていくことが可能です。

私なりに考えた、「理念経営」のコツは、

「やる理由」をたくさんもつことです。

次に、それらが全てうまくいく前提で、ビジネスとなる手段を考えていくのです。

先にも書きました。
SNSを使えば誰もが同じ土俵でビジネスが可能です。

「やる理由」を見つけたら、
その土俵に立つ勇気を持ちましょう。
その土俵に立つことができれば、まずは第一関門突破です。おめでとうございます!

SNSを使えば手段はどうにでもなります。
まずは、経営していくための「理念」を考えましょう。

今日は長くなりましたが、今、あなた自身が戸惑って挑戦を恐れているのであれば、少しでも後押しになれば幸いです^^
では、これからあなたのビジネスの「理念」が強くなることを心から応援しています!

最後に私のお気に入りの動画をご覧ください^^

今ならLINE@ご登録で120分のオンライン動画プレゼント!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です