プロフィール

森もえこ

WEBメディア構築専門コンサルタント。

25歳。神奈川県出身。
新卒2年5か月で会社を退職、独立・起業。現在はマレーシア現地IT会社にて、WEBメディア構築しつつ、日本での個人事業主・フリーランス向けのWEBメディア構築コンサルとして活動中。

現在の仕事は
・マレーシアでのIT会社にてWEBメディア構築
・横浜市内での起業・副業女性向けセミナー運営
・副業・起業コンサルタント
・WEBメディア制作サポート
・個人事業主・フリーランス向けのWEBサイト制作

として、活動中です。

ごくごく、普通だった会社員の女の子が
なぜ起業家としての人生を歩むようになったのか!?

森もえこの詳細のプロフィールを楽しんでご覧ください♡

鬱になるほど内向的だった私の生い立ち

◆ごくごく普通の生い立ち。

山口県山口市生まれ。
幼稚園まで神奈川県川崎市で育って、
小学生から小田原にお引越し、
会社員の父、パートの母、3歳下の弟

どこかドラマに出てきそうなくらい平凡な家族でした。

でも自分でも嫌になるほど、人見知りで、内向的。
一番怖いことは、失敗することと嫌われること

だから、いつも失敗を恐れて、
誰よりも試験勉強も、習い事も頑張ってきた。

誰よりも才能がなくて、容姿も

コンプレックス

集団行動はできなくて、自分勝手に1人行動がとにかく多く(←今もそうだが・・・)、全体主義(みんな一緒でみんないい)みたいなうたい文句が大嫌いな子でした。

◆とにかく負けず嫌い、何でも1番でないと気が済まなかった傲慢っぷり

小学生後半くらいから目覚めた周りへのライバル意識。
本当に鬱になる位、内向的な私の性格。
でも、なぜかどこかで目立ちたい。。。っていう気持ちがフツフツと目覚めてきて、

内向的で苦労したことを隠そうと、
勉強も、習い事も、評価も全力投球をし始めて、
1番を争うようになりました。

そう、周りと比較することだけが生きがいみたいになっていたのです。

関連記事:人との比較に終止符を打ちたい

◆女子大へ進学、思った以上にみんな自由人すぎた

女子だけの環境って、
◆ねちねちして、
◆嫉妬深くて、
◆お局がいて
みたいなイメージありませんか?

運よく、私の周りにはそういう人たちはいなくて、
むしろ、みんなサバサバ。

女性特有の”グループ”みたいなのは存在しなくて、

女子だけの環境で、好きな仲間と、好きな研究をしまくる生活がスタートし始めました。

そんなある時に出会ったのが、
海外旅行してみたい!」という一人の友人の言葉。

この友人の一言が私の人生を狂わせることになるとは思ってもいませんでした・・・・・・・・!!!!!

20歳のインドの旅が人生を変えた

私の生活は本当に普通。

特に得意なことも、熱中していることも今まで何一つなく、
それなりに、うまく生きてきていました。

そんな生活を変えたのが、友人の一言で始まった、

インドでの旅

20歳で世界の事なんか何一つわからず、ただの世間知らずでインドに渡航後、
7日間の旅を経て、飛行機で号泣しながら帰国したのが、私の人生の初めての転機。

関連記事:たった1度の旅が人生を狂わせた・・・!

この度をきっかけに、

アジアをほっつき歩くように旅する大学生活になり、

「途上国の豊かさを作る!」を軸に就職活動を始めました。

関連記事:山口絵理子さんから学んだビジネスで大事な事

目の前のことに、とにかく集中&没頭した社会人1年目

途上国の豊かさを作る!」というミッションのもと、大手企業の総合職社員として入社しました。

そこそこ、仕事は楽しくやりがいもありました。

しかし、女性社員1人、慣れない環境での孤軍奮闘は思った以上に厳しく、
中々結果を残せず毎日怒られる日々も続きました。

何度も出勤前の通勤路でお腹が痛くなる・・・・(笑)
入社2か月目、上司からつけられたあだ名は

”ポンコツ”

・・・・・。

言われこともできず、
周囲とのコミュニケーションもうまく取れない、

相当な問題児だったと思います。

それでも、目の前の仕事に没頭して、
寝る時間以外は全て仕事をするようになっていました。

毎日PDCAサイクルの繰り返し。

地道に、地道に、コツコツと仕事に取り組んでいたら、
2年連続で社長賞も頂くことができたのです。

関連記事:病むほど仕事が嫌だった私が2年連続で社長賞をとれたたった一つの理由

社会人2年目冬に月収100万越え、でも未来に絶望した

コツコツ取り組んだ仕事への姿勢が評価されたのか、
私は社会人2年目にして、月収は100万以上を会社から頂けるようになりました。

でも、同時に絶望したんですよね。

月収が100万円頂いていた時の私の生活は・・・
7時に出勤して、帰宅は日付回って26時、
朝・夜はコンビニ弁当、
昼は自販機の冷たいおにぎり

趣味なし、彼氏なし、特技なし

あと40年間この生活が続くのか?

と思うと絶望しかありませんでした。

日本で働くことは夢の夢の夢だ

と言ってくれたインド人学生にこの私の状況が憧れであるはずがない。

仕事自体は楽しい。担当していた事業も軌道にのっていた。

でも、どうしても

自分の未来にワクワクできなかった
途上国で出会った多くの女性、
物質的な不自由がありながらも強く、強く生きる女性

急に、今の自分が恥ずかしくなった瞬間でした。

人生を変えたい。行動だけが人生を変える

2016年12月、そんな絶望した生活に終止符を打とう。
もっとワクワクした人生を送ろう。
途上国の豊かな生活を作るために人生を使い果たそう。

そう思って、人生を変えようと、
仕事以外での自分の居場所を探して、
自己啓発本を読み漁る生活がスタートしました。

本田健さんの本に書いてあった、
人生を変えるためにやること
服装を変える
環境を変える
付き合う人を変える
仕事を変える
⑤パートナーを変える

これら全て約半年間で行ってきました。

そうしたら、本当に人生が動き出した。

人脈にも、仕事にも、お客様にも
恵まれる生活が待っていました。

モヤモヤとしている間に、
朝会を主催してみたり、起業を学んだり、先輩起業家さんに会いに行ったり、
WEBメディアを立ち上げてみたり、
色んな事に手を出しました。

そして、最終的に行きついたのは、
女性起業コンサルタントとWEBメディア制作サポート

24歳普通の会社員から起業家へ

私は、新卒で入社した会社を2年5カ月で退職し、WEBメディアコンサルタントとして独立しました。

現在25歳、スキルなし、コネなし、リスクあり。

誰もが無謀だと思える決断だったと思います。

でも、
私にはどうしても叶えたい未来と、
実現させたい世界があった。

それを我慢して40年間過ごす人生を辞めたかったんです。

関連記事:会社を辞めたい、その衝動を行動へ
関連記事:20代から始める働き方改革、未経験の世界を見続けたい

会社を辞めると決めてから、
月の残業時間を40時間以下にして、
モヤモヤしていた人間関係、不要なモノ、固定観念すべての断捨離を始めました。

関連記事:24歳会社員がミニマリストを目指して気づいたこと

私は、ダブルワークで副業から取り掛かって、
自分で収入を得ていくようになって、
自分の人生に圧倒的に自信を持つことができました。

今までセルフイメージも低く、失敗が一番怖かった。

でも、初めて自分で決断をして、自分の道を自分で選んだのだから。
自分の価値がお客様を幸せした対価として帰ってきたのだから。

会社を辞めた今、思った以上に「未来がうまくいく」ということしか考えていません。

きっと、無謀なチャレンジだったとしても、
「きっとうまくいく」「All is well」

とおもえているから。

私は今から、「途上国の豊かさを作る」ミッションに、
コンサル業、WEBメディア制作サポート、インバウンド事業を行っていきます。

私は一人でも多くの人が、
自分の人生を何に使い果たしたいのか?

誰もが輝けるフィールドで生きていけるように、

全力投球

後押しをしていきます。