人と比較する人生に終止符を打ちたい。

こんにちは!

ここ半年くらいで、
周りの評価も、プライドもほとんどなくなった。

だから、副業がばれること覚悟で、会社員のうちから顔も出して、
好きな事だけをWEBメディアを通して発信できるようになりました。

でも、少し前までは、
人に負けることも、NO1以外の順位も、評価が低くなることも
とても怖くて、周りの目ばかりを気にして生きているような人でした。

私は、とにかく1番以外の順位になることが怖かった。
誰かと比較をして、自分が優位でいたかったから。

きっと、まだそうやって誰かとの比較の中で人生を作っている人多いんじゃないかな?

と思って、私が「人ととの比較に終止符が打てたプロセス」を書いてみようと思う。

この記事が届くべき人に伝わって、
もっと楽に、自分らしく生きていける人が増えたら嬉しい。

まず、人との比較している自分を認めよう。その自分も自分でしかないのだから。

人と比較してしまうのが辛いと思う方、
人と比較ばかりして、後で後悔する方、

多いな~って思います。

しかも無意識にしてしまっている。
「あの人に負けたくないから〇〇する」
「あの人の成績に勝つために勉強しまくる」
「どうせ私には〇〇さんに勝ってこない」
「〇〇さんは才能がある。でも私には持っていないからできない」

こんなどうでも良い比較を無意識にしてしまっている人が多い。

なぜ誰かよりも優れている自分が良いのですか??

私はふと気づいてしまったのです。
自分が誰かと比較することだけで仕事をしていたことに。

同期には負けたくない。
部署で1番になりたい。

そう思って、仕事をしていました。

私は誰かとの比較が原動力になったこともあり、
2年連続で社長賞を頂いて、
月収が100万円を超えることもできました。

そこそこ良い評価も頂きました。

でも、結果を出したときに、
何も残りませんでした。

最低限、会社での人脈、功績、収入、ある程度の知識は残ったと思います。

でも、

◆何故働きたいのか
◆何を目的として働いているのか
◆何を望んで生きていきたいのか

私は幸せだったか?

自分に問いかけてみたんですよね。

自分で自分に聞いたのに、
何も答えられない自分がいたんです。

1番自分のことを知っているはずなのに、何も知らなかった虚無感、
何故頑張れたかと考えた時に”負けたくない”という気持ちだけが先行していました。

この事実に気づけたことが、第1のステップでした。

ファーストステップ:

まず自分が誰かの比較の中で頑張っていることに気づこう!

誰かの比較の中に自分の人生を作りたいか?

誰かと比較をして、
負けたくない一心でエンジンをかけることは悪いことではない

むしろ、私は何かのエンジンが入る時は、”誰かに負けたくない”という怒りのエンジンが大きな結果を残す方が、これまでの経験上多かったと思います。

でも、怒りのエンジンは、最初の爆発的成長を作ることはできるけれども、
長くは続かない。
エンジンだもの、そのうち切れてしまいますよ。。。。。

誰かの比較の中で生きている
=自分の人生を生きていない


世間からの良い「評価」を頂くために、
・上司との飲み会に参加しないといけない
・くだらない愚痴にも付き合っておこう
・好きでもないけど、話を合わせるためにテレビを見ておこう
・みんな残業しているから、残業しておいた方が良いな

今思うと、くだらない理由で誰かに合わせた生活を送っていたなと。

しかも、”負けたくないな”っていう一心だけで。
心から何かを達成させたいという思いは全然ありませんでした。

誰かとの比較の中での人生は、
いくら稼いでも、社長賞をもらっても、
自分が何を一番大切にしたいのかわからなければ
心から楽しむこと、喜ぶこと、人と幸せを分かち合うことができない。

そんな人生寂しくないですか??

セカンドステップ:
誰かの判断軸に合わせる生活を捨ててみよう

 

私は、誰かとの比較で幸せになりたいんじゃない。誰かを幸せにして、自分も幸せになりたい!

そう気づいた瞬間、人との比較はどうでもよくなりました。

1番なんて、どうでも良い価値はいらない

 

◆ただ目の前のお客様に全力を尽くしたい。
◆20歳で初めて行ったインドで見た子どもたち、貧困の中にいる女性を幸せにしたい
◆私が得意なWEBメディア、商品設計コンサルで誰かの幸せのプロセスを共に歩きたい

”誰かを幸せにしたい”

という気持ちが芽生えた瞬間、誰かとの比較はどうでもよくなりました。

私のミッションは、
「途上国の豊かさを作ること」

そのミッションを遂げるために、やれることを全力でやるだけなんだ。
それが私の生まれ持った使命なんじゃないか?

と気づいたとき、
人との比較している場合ではなくなったんですよね。

とにかく前を向いて走り切ること、
全力で目の前のお客様の笑顔を作っていくこと

 

誰かとの比較は、あなたの目の前にいるお客様を幸せにしますか?
あなた自身の幸せになるプロセスには何がありますか?
人との比較がありますか?

自分が幸せになるプロセスを歩むために、
人との比較に終止符を打ちました。

ラストステップ:
誰を幸せにしたいですか?そのプロセスに人との比較はありますか?

自分の人生を自分の軸で生きよう。
そのためにまず、人との比較に終止符を打とう。

と、自分自身にも言い聞かせてみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です