起業家の先輩から学んだ、理想の自分に近づくために今やるべきこと

こんにちは。

今日は、起業家の先輩と食事をしながら、どうやったら先輩のように理想に近づけるか考えていました。

「理想の自分」ありますか?

まず、「理想の自分」を見つけることも大事ですが、今日は、

◆理想の自分に近づくために今やるべきこと◆

をお伝えします!

自分が自分であることを信じる

中々自分を信じることができず、
自己肯定感が低い方も多いと思います。

私ももともと自分のことが大嫌いで、コンプレックスの塊でした。

アジアや途上国が好きなのに、変わっていると言われることや、
会社で誰もが”普通に”できているようなことができなかったりとか、
コミュニケーションスキルが無さすぎることとか・・・
特技・趣味・得意もなく、全てが中途半端な自分。

今でこそ、”自分大嫌い”という感情はなくなったものの、
まだまだ受け入れられない所、欠点に着目してしまうことは多々あります。

でも、一生自分という人間と一緒に生きていくのに、
自分のことが嫌いで受け入れられないなんて、
もったいない。

一方で、

外国人は、否定から始まらない。

「それいいね」「ナイス」「素敵」

が口癖のように出てくるそうです。

それは、既に自分が自分であることを認めて、肯定することができるから出てくる言葉。

普段、自分に対して「素敵」「いいね」「ナイス」という言葉を言ってあげていますか?
ココロから出てきた発想や思いを
「なるほど」「さすがだね」と言ってあげていますか?

私はNOでした。

一番身近にいる自分なのに、一番ひどい扱いをしていることに、
気づいてしまいました。

 

◆自分の可能性を信じて、トライ&チャレンジすること
◆自分の可能性を信じて、自由な意思を尊重すること
◆ココロの声を信じて、なるほど、素敵、いいねを大事にすること
◆自分の失敗も嫌いもコンプレックスも全て信じ切ること

知っているようで、すっかり忘れていたなと猛反省中です。。。

未来の自分を先取りすること

起業家の先輩の言葉
「日常は過去の積み重ね。日常に打ち勝たないと理想の自分にはなれない」

グサグサ―――ときました。

例えば、ダイエットをしたいのに、
部屋にジャンクフードを普段おいていて、昨日と同じ生活をしていればスリムな体系なんて目指すことはできないですよね。。。

スリムな体系を目指すなら”スリムな体系の自分の生活”を今日から取り入れないといけないのです。

そして、私。
平日休みは個人事業主・経営者としての1日を意識して過ごしているものの、
ダブルワークしながら”経営者”になる先取り
それだけでは全然足りない。

◆会社勤めの時のふるまい
◆服装・お化粧・身だしなみ
◆食事
◆会話・言葉

経営者だったら何を選ぶのか。
理想の自分は何を選択するのか。
今の自分のココロは何ていているのか。

意識できるところたくさんあるはず。

「今の私にはできない。」
と思っていたら、きっといつまでもできない。
今できるから、未来の自分ができるのです。

未来の自分がどうありたいか、
現在の自分のココロは今なんといっているのか、

少しずつでも、
ビビりながらでも、

自分が自分であることに、
信じること、好きになること、認めること。
私は”わたし”に忠実に生きていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です