あ、稼がなきゃと思ったある夜の瞬間

こんにちは。

マレーシアに来てもう少しで1か月がたちます。

そこで、冷静になって、
今後のことについて考えってしまった瞬間があって、不安で不安でしょうがなくなってしまいました。

具体的に言うと、
◆日本の高すぎる税金払えるのか?
◆年金どうする?
◆やっぱり会社員に戻りたい。

っていう今更どうにもできないことばかり考えて不安になって眠れませんでした。

以前にもあった、独立する前、
どうしても独立が不安でしょうがなくなった日の事

参考記事:昨日、独立が急に不安になって眠れなかった。

 

個人事業主である以上、税金も年金も全て自己責任になる重さ

会社員と個人事業主の大きな違いは、税金の高さや、自己責任になる重さではないでしょうか。

独立してから、

「税金ってこんなに高いの( ;∀;)??」

「どうやって控除受けられる??」

そんな弱気な事ばっかり考えていました。

日本のありがたい恩恵を受けているにも関わらず、、、。本当に不幸モノです。。。

お恥ずかしい。

 

会社員の頃は、税金とか、自己責任になるとか、一ミリも考えたことがありませんでした。代わりに考えてくれる会社の仕組みがあったし、全て会社に任せていたから。

ざっと個人事業主になるときに、最低限必要なお金を計算すると、

横浜市在住、1人暮らし女性、会社員の頃の年収500万だとすると、

【必須(固定)経費】⇒約20万円

内訳

↓ ↓

家賃・光熱費:8万
通信料:約1万円
交通費(横浜~主要都内):1.5万円位
税金:約9万(月額で割った場合)

【その他経費&雑費&食費&自己投資】⇒約10万円位?

経費、雑費、食費等は、人それぞれの生活基準があると思いますが、

固定経費を含めると、最低20万円は必要になること、
会社員の頃と生活基準を保つ(またはそれ以上)にしていくためには、

最低30万円位は、稼ぐ必要があります。

会社を辞めたい、会社の待遇が悪い、起業して自由になりたい。

と夢見る人、理想を描く人は多いです。

でもその前に、独立して、いくら必要経費があるか、自分の場合のシミュレーションをしてみてください。

最低30万円は必要です。
会社員であれば月20万円のお給料があれば、税金もある程度安いですし、色々な保証があります。

独立して、最低30万円、稼げる自信ありますか?

30万円稼げる自信がないと、独立して不安になる可能性は高いです。

不安になると、人は動けません。特に女性。

だから、独立する前に、一度理想ばかりでなく、
現実の【お金】に向き合ってみてください。

いくら最低限稼げば、生活基準を下げずに(むしろ基準をあげて)生活ができるのか。

一度、立ち止まってシミュレーションをしてみることをおススメします。

 

会社員に戻らせてほしいと本気で思った。

 

結構ガチで思いました。(笑)

会社員に戻りたい。

安定で、人にも恵まれて、事業も楽しくて、株価も急成長してて、ベンチャーで、、、
何よりもやりがいは本当にありました。

本当に、本当に、
仕事が楽しかった。

できることなら、「辞めたい」、なんて思いたくもなかった。

それくらい、前職は大好きで、

「辞める」「独立する」と決めたことを何回も考え直したかった。

独立して2か月たった今、
「前職に戻りたい」って、30回位は考えました。

でも、そのたびに思うことが1つ。

前職に戻ったら、

「アジアで働きたい、途上国で生きたい」

という理想・夢・目標への道のりは断たれる。

その理想を諦めきれませんでした。

夢100リストに書いてあること、捨てられなかった。
(↑今見たら達成できているもの増えてました(*’▽’)更新します!)

理想の暮らしになれるチケットを捨てて、前職の会社に戻る勇気はまだ持てません。

 

税金の高さに絶望、不安になった夜と決心した朝

 

それでも、まあ現実に戻ると、お金の不安は大きいです。
まともに計算すると、マレーシアにいても、私はまだ住民票を日本においているので(マレーシアで最初何があるかわからないから)、

日本の何の恩恵を受けていなくても、約10万円位月に税金として納める義務があります。

(お世話になった日本、「安全」という恩恵を受けた日本だもの、ちゃんと払いますw)

それでも、今の私に税金だけで10万円は高い!!!

と思ってしまう心の狭さにまた絶望・・・。

税金>必要経費>理想を叶えるための投資

っていう優先順位になってしまうのが、
一番の貧乏マインド。

というのは誰もが周知の事実だと思うのですが、
不安がよぎった時、

理想のために使うお金は控えよう。

余ったお金で少しの贅沢をしよう。

という思考回路に誰もがなってしまうと思うんですよね。

昨晩の私は、まさにそう。

税金の高さに絶望して、税金をちゃんと払うために、ビジネスしなきゃ、稼がなきゃ

という気持ちが真っ先に先行していました。

 

その不安のばねで、今朝起きた時、

「あ、もっと稼ごう」

「もっとビジネスしよう」

「もっと理想の暮らし思い描こう」

そう決心した今朝の目覚め。

 

夢は知識、たくさんの憧れを知ってしまった。

 

夢は知識、だから、憧れの生活やワクワクすることはたくさん知っておいた方が良いです。

そのライフスタイルを目指して仕事を頑張るモチベーションになるから。

マレーシアに来て、日本の会社員と同じ位の収入れあれば、日本では考えられない暮らしができます。

今住んでいる家は家賃4LDK+プール・ジム・家具家電付きで約8万円のコンドミニアム、
立地も良い。
毎日タクシー通勤をしても約1万5千円くらい
毎日のランチも500円以下で、そこそこ良い食事が楽しめます。

一流のエステも120分で3000円~5000円位。(もっと高い高級エステもたくさんあります)

 

この暮らしを日本で送ろうとしたら、単純に月50~100万円は必要になると思います。

マレーシアでの富裕層の暮らしを知って、
ワクワク感、生活基準が日本での暮らしの100倍くらい高まった今、

今までの日本での暮らしには戻れない。戻りたくない。

広い3LDK位のマンションが良い。
移動手段はタクシーが良い。
満員電車乗りたくない。
毎日好きな場所でランチしたい。
お金を気にせず暮らしたい。

そう知ってしまった今、

あ、やっぱり稼ごう

と思っています。

 

 

というわけで、お金の使い道、見直します。

 

特に節約しようとは思っていません。
だからといって、無駄遣いもするつもりはありません。

私に必要な未来のお金、ちゃんと向き合いたい。
必要な事業資金を明確にしたい。

そう思った今朝だったので、早速、

自分がいくらあれば精神的に満足して安定して、不安なく暮らせるのか。

未来に対するお金はいくら必要なのか。

理想を叶えるにはいくら必要なのか。

そのためのビジネスモデルは?

ビジネスモデルのロールモデルは?

そのロールモデルは今何を目指しているのか。
私と同じくらいのレベルの時何を学んで、
どのくらいのペースで何をしていたのか?

徹底的にリサーチ。

理想の暮らしを叶えるために、自分が今すべきビジネスの仕方、

考えましょう!

考えてわからなかったら、わかる人に聞いてパクる!

ビジネスでの自己流=事故流

頭のド真ん中にいれておいてほしいです。

 

そして、夢、理想を体感する、

あり得ない、そんなのムリ

と思っている事でも、ワクワクするライフスタイルを思い描いてみてください。体験してみるのも良いです

体感して、夢を視覚化したら、
きっとその夢に叶う収入にはなっていきます。

今ならLINE@ご登録でオンライン動画プレゼント!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

森 もえこ

今からビジネスをしていく人向けに初心者ができるメディア構築を行っています。 ワードプレス/SNSマーケティング/WEB構築/女性専用起業スクール運営