起業1年目に出会うべき人


今日のテーマは、起業1年目に出会うべき人

について書きます。

 

この記事を読んでくださっている方は

私のプロフィールや、

ビジネスコンセプトを読んでくださっている方が多いと思います。

 

私は今、会社員をやめて起業して、約8ヶ月が経とうとしています。

2016年11月

 

頑張っても頑張っても

人から認められていない

 

負けたくない

 

構って欲しい

 

わかって欲しい

 

気に入られたい

 

自信がない

 

優越でいたい

 

何で私ばっかりーーー!!

 

というドロッとした感情で溢れていました。

 

その後、副業を始め、

新卒で入った会社を2年半で退職、

2017年10月海外移住をしました。

 

念願だったアジアでもチームを作り、

今はチームで1億円を稼ぐようなプロモーション事業のビジネスを行いつつ、

海外生活も楽しんでいます。

 

ここまで聞くと、

「25歳ですごい生き方ですね」

「尊敬します」

「もえこさんみたいになりたいです」

 

と思う方も多いと思いますし、実際によく言われます。

 

私は、見た目も、中身も普通だし、

レールの上で、世の中のルール通りに生きてきていると思っています。

 

でも、ふと最近、

上手くいくようになったのはこれだ!

と思うことがあったので、ここに書いていきます。

 

それは、起業の大先輩

安倍ありささんとの出会いです。

 

起業のメンター安倍ありささんが見せてくれた自分でビジネスする世界

SNS起業の存在を知って半年後くらいに、

安倍ありささんと出会い、

「起業」「自分で収入を得る」

という世界を教えてもらいました。

 

本当に色々経験させてもらいました。

当時は会社員で、自分ではみようとしなかった世界をどんどん見せてくれたんです。

 

ホテルランチを行ったり

 

起業している方々とのディナーにご一緒させていただいたり

 

都内のタワーマンションの最上階で

ビジネス戦略を練ったり

 

投資について教わったり

 

起業して従業員を雇用しているような方と

お話をさせてもらったり

 

普通だったら出会えなかった人ともつながり、

圧倒的に環境が変わっていきました。

 

副業を始める直前に抱いていた

ドロッとした感情は

 

1ミリもなくなりました。

 

そして、ありささんが教えてくれたのは、

「自分を活かして起業」していく方法

 

お気づきかもしれないですが、

当時の私には何もなかったんです。

 

24歳で普通の会社員。

 

TOEICは550点(平均よりちょい上!)

 

起業して役に立つ資格は0

 

資金はない

 

そんな私に、

「自分を活かして起業する方法」を

膝を合わせて、

一歩一歩手取り足取り教えてくれました。

 

いずれこのままではいけない、、と思っていたものの、

 

「自分を活かして起業する方法」があるとは思ってもいませんでした。

 

ありささんから教わった、

「自分を活かして起業する方法」とは・・・???

 

最初に考えるのは自分の需要がどこにあるか?

を考えることです。

 

ビジネスは全て

「需要と供給」

 

自分の活かせることと自分のサービスを欲しがっている人

 

とマッチした時に初めて、

 

「収益」が発生していくのです。

 

逆をいえば

あなたの周りの10人の困っていることであなたが役に立つことがあれば

 

そこに「収益」が発生していくチャンスです。

 

ありささんが初めて私にビジネスを教えてくれた時、

 

私はまさか、

 

ワードプレスの構築

 

をビジネスにするとは1ミリも思ってもいなかったんです。

・IT経験はゼロ

・CSSとかHTMLとかの知識があるわけではない

 

すごい知識量があるわけではなかったので、

商品として宣伝していくときに

 

心が折れなかったというと

ウソになります。

 

商品ができたとき、

詐欺師にならないか?

本当に人のワードプレスを設計できるのか?

 

不安になることの方が多かったのを覚えています。

 

だけど、目の前に

私のサービスを欲しいと言ってくれる人が多かったんです。

 

副業を始めた当初、

 

もぐらたたきのように、

目の前の相手に

役に立つことをしてサービスの構築をしていきました。

 

お金を生み出すとは

目の前の人が困っていることの解決をしてあげること。

 

「自分を活かした起業」

 

とは需要がある場所を探して、自分のビジネスモデル(収益が発生する仕組み)を作っていくということなんです。

 

・自分を活かした起業の商品

・収益が発生する場所の見つけ方

 

この2つを

深夜に電話したり、

手取り足取り相談のってくれたりしてくれたのが

安倍ありささんでした。

 

一人起業は時に自分を苦しめる

今の時代、自分の得意なことで起業して、お金を稼いでいくことはシンプルで簡単にできるようになってきています。

 

会社の嫌な環境で働かなくても良い

 

嫌な人と付き合う必要はない

 

自分の好きなことを好きな人たちだけでお金を稼いでいける

 

そうやって、

自分の得意なことで起業して、収益を出すことは、誰かにアドバイスをもらって、やっていけば簡単に可能になる。

 

けれど、それを継続させるには

例外なく、

 

”伴走者”が必要なんです。

 

当然ですが、継続ができなかったら起業しても理想を叶えることもできません。

起業で1番難しいのは、「継続していく」ということです。

 

一人だとなかなか進むことが難しいのです。

 

起業して、”伴走できる人”がいれば

一人起業を自分で苦しめることなく、長く続けることが可能になるのです。

 

ビジネスをして稼ぐということは自分と大切な人を幸せにできる

「稼げるようになろう!」

 

というと、たいていの日本人は、

・怪しい

・苦労して稼ぐべきだ

・お金のことばっかりで汚い

 

と思う人も中にはいると思います。

 

「稼ぐ=悪」という法則がいつの間にか浸透してしまってきている気がします。

 

でも、私が起業をして、

ありささんや、チームのメンバーが見せてくれた世界は、

ビジネスを通して、

 

自分と自分の大切な人を幸せにしている人達でした。

 

オーダーメイド起業スクールを運営している

安倍ありささん

 

 

2017年12月に法人化

いい男学校を経営している藤森翔さん

 

 

マレーシアで23歳で起業

Jkidsグループの木村希さん

 

 

自分で「ビジネス」をスタートしてから

多くのメンターとなる方々や、

 

ロールモデルとしたい人

 

に出会ってきました。

 

共通しているのは、

全員「自分の軸に沿って生きている」

ということ。

 

自分の軸に沿って生きている人は

自分を自分で満たすことができます。

 

自分が満たされれば、相手を幸せにすることができるようになります。

 

エネルギーが満ち溢れている方が多いのです。

 

ビジネスをして

こういう方々を知り、

 

私ももっと、ビジネスをして、

大切な人を幸せにできる力を養っていきたい

 

と、思うようになってきました。

 

ここまで読んでくれて、

 

ビジネスをやる!

この人みたいになりたい!

 

と思ってくれる人がいるのなら、次にマスターすべきことがあります。

 

思い描くビジョンを実現するたった1つのメンターの使い方をマスターしよう!

 

何もない普通の会社員だった24歳の私が、

起業して、

念願のアジア移住を果たし、

 

アジアを旅しながら、

楽しみながら

 

ビジネスをして稼いでいるのか?

 

この変化をうんでくれたのは、

やっぱり「メンター」の存在です。

 

起業コンサルタントの安倍ありささんの影響が圧倒的に大きいです。

 

というのも、

ありささんのアドバイスや行動は

 

「私が何時間も考えても思いつかなかったもの」

 

「私が理想とする世界」

 

ばかりだからです。

 

自分には到底不可能と思っていたことも

すべて楽々とこなしてしまう。

 

では、どのようにそういったメンターを見つけビジネスの世界で成果を出していくのかというと、

 

「メンターの頭の中で何が考えられているのか・・・??」

 

を常に考えてみることだと思います。

 

つまり、

メンターの”脳内シェア”をしていくこと。

そうやって、メンターの頭の中を覗き見ていくことが、

理想に近づける行動の1ステップになります。

 

私のメンター安倍ありささんの脳内シェアをしたい人はこちら

 

あなたにはロールモデルやメンターはいますか?

もしいたら、脳内をシェアしていますか?

 

ぜひ、まだだったら

脳内シェアをしてみてくださいね!

 

今ならLINE@ご登録で120分のオンライン動画プレゼント!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です