女性起業家が陥りがちな「情報中毒」から早く抜け出そう。


こんにちは。

 

今日は少し、耳が痛い話かもしれません。
でも、女性起業家にありがちで、絶対に早く抜け出した方が良いと思うので、しっかりと読んでください^^

 

内容は

「情報中毒」と「情報ユーザー」についてです。

 

簡単にいうと、
情報中毒者=資格、セミナー、講座などはたくさん自己投資するけれど、一切その情報を使いこなせてない人。

情報ユーザー=今の自分に必要な情報を取りに行く人。

のことです。

 

私自身、
高額なお金を投資して、通信教育で資格を取得しに行ったり、セミナーで学びに行ったりしていました。
みなさんにもあるのではないでしょうか?

何かの資格を取ろうとして、教材を買ったり
スキルを身につけようとして、情報を買ったり、

正直にいうと、
私自身もずっと「情報中毒者」でした。

 

いろんな教材を買ったり、
無料でもらえるものはもらったり、

でも、結局はやらない。

最近私は、「情報ユーザー」に変わりました。

 

今、その知識が必要だから本を買い、

今、身に付ける必要があるから、教材を買う。

 

そういう目線にたどり着くことができたのです。

結果、どんな教材を買っても失敗することなく、自分の知識にして、自分で使いこなせています。

なぜ、そうなれたのか?

 

答えは、

「わからないこと」がどんどん生まれてきたからです。

 

不明点が生まれると、それに必要な知識や情報を集めます。
そして、その情報を自分の知識にして使います。
結果、ビジネスであれば、利益を拡大することができますし、
教育の場であれば、次の課題にたどり着くことができるようになります。

もし今、

「わからないことが、わからない」のであれば、危険信号です。

 

やってみて初めて「わからないこと」が生まれて、
ゴールにだどりつくまでに必要な情報を集めようとします。

最初から全部「必要な情報」として持ち歩いていても、
重くてゴールにたどり着けません。。。

最初は身軽にトライして、必要になった時に必要とする情報を集めていく。

 

それが「情報ユーザー」です。

 

「情報ユーザー」になるための簡単な方法

まず今、あなた自身が「情報中毒者」になっていることに気づいてもらえたら、
次のステップは、「情報ユーザー」になっていくことです。

ステップ1:まず、今持っている知識や情報の中から、1つ実行してみる。

起業初期であれば、
お茶会、イベント、セミナー、シェア会をやってみる。
とにかく、今もっている「何か」を実際にアウトプットする場を見つけて、トライしてみることです。

ステップ2:テップ1で何らかの進捗が得られるまで、次の情報に手を出さない。

ステップ1で何らかのアクションを起こしたのであれば、次への課題と、「わからないこと」が出てきたはずです。

その「わからないこと」を解決するために、次の情報に触れていきましょう。

 

解決するために情報に触れられるようになれば、

「情報ユーザー」へ生まれ変わることができた証拠です。

 

情報中毒から解放されて、行動へのフットワークもどんどん軽くなるはずです。

 

情報ユーザーになったら、
行動のスピードも早くなるし、行動すればするほどわからないことがでてきて、
その解決方法にまた情報を使う

というすごいPDCAサイクルが回り始めます。

 

情報ユーザーになった次に目指すのは、

「インプット」と「アウトプット」のスピードをあげて、さらに高い次元に向かっていくことです。

ここまでくると、本当にいろんな景色が変わってみれるようになりますよ^^

ぜひ、情報中毒者から脱して、情報ユーザーになっていきましょう。

今ならLINE@ご登録で120分のオンライン動画プレゼント!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です