堀江貴文さん「多動力」から学んだ好きなことだけを仕事にするということ

こんにちは。

もっと好きな事だけを仕事にする時間を増やしたい。
もっと突き詰められるはずと思って、
本屋をぶらぶらしていたら、
出会ってしまった。

堀江貴文さんの「多動力」
インプット&アウトプットの高速回転中!

多動力とは、好奇心と集中力

堀江貴文さんが、なぜ、いくつものプロジェクトを同時進行し、ビジネスを拡大し続けることができるのか。

それは、一つのことに没頭・熱狂した経験を1つずつ、積み重ねているんですよね。
どちらかというと、
80点取れれば、飽きて次に移るタイプ

日本では、一つのことを長期間・長年行い続けることを美徳とされるけれども、
今からは、

複数の肩書のある生き方が必ず主流になる時代が来ます。

1つのことを長期間続けることが悪いわけではない。
好きでも、ビジョンも、ロマンもない仕事を一生し続ける先に、
何があるのか。
ワクワクするのか。
楽しいことはあるのか。

堀江貴文さんは、100個位のプロジェクトを同時に進行しています。

時間の使い方等のノウハウももちろんあります。

でもそれ以前に、
24時間ワクワクするような仕事しかしていない。

だから超人とも言える仕事量をこなすことができるんですよね。
ワクワクするから没頭もできる。

最初は逆でも良いと思うのです。
何がワクワクする仕事かがわからないのであれば、
目の前の仕事に”(仮)”で没頭してみる。

きっと、没頭した先には違う世界が広がっているはず。

好きな事だけに、とにかく動きまわる。

自分以外ができる仕事は、委託・外注・AIに託せるように仕事を一工夫して、
好きな仕事に動き回って没頭する。

そんな働き方を理想にする方は多いはず。
では、どうやって、好きな仕事だけに動き回ることができるのか?

まず、現時点の自分を振り返り!

昨日のあなたの仕事の中で、
どのくらい他人に任せられる仕事がありましたか?

もし、全てほかの誰かができる仕事であれば、
まずい。

全力で、自分にしかできない仕事を研究したいものです。

そして、ワクワクすること、あなたにしかできない仕事を
見切り発車でやってみる

失敗したらその時にPDCAサイクルを回していけば良い。

私もそうでした。
新卒で入社して、右も左もわからないまま、
計画も勝算も皆無のまま、突き進めていたプロジェクトがありました。

1週間に1回のPDCAサイクル10か月間を回し続けた結果、
社内表彰を頂き、年収も同期より100万以上は上回るという結果を頂いています。

その時にやっていたことは、
うまくいかなかったこと
うまくいったこと
この2パターンのサンプルを集めて、
全てのPDCAを成功パターンにもっていくのです。

好き・得意に忠実に仕事をしている人たちをみて思うことは、
成功パターン・失敗パターンすべてのサンプルを持っています。

だから、挑戦への垣根が低い。
失敗するのが怖いなら、
恐さを感じるハードルを下げればいい。

ただ、失敗へのハードルを下げるだけ。

あとは、行動をするかしないか。

今ならLINE@ご登録でオンライン動画プレゼント!


 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    森 もえこ

    今からビジネスをしていく人向けに初心者ができるメディア構築を行っています。 ワードプレス/SNSマーケティング/WEB構築/女性専用起業スクール運営