起業して100年続くビジネスを作るということ③

こんにちは♪

最近は、圧倒的に起業家と過ごす休日が増えています。
ビジネスの「ビ」の字も知らないまま、
自分で事業をしていく人たちの世界に入った時は、
本当に気が狂いそうなくらい、居心地が悪かった・・・(笑)

昨日は、グループコンサルと素敵な起業家仲間とのディナー!

さて、起業家仲間が集まった時、どんな話をしていたか・・・。
暴露します!!

マーケットを動かし続けるチカラ

会社の売り上げをUPする。
事業の売り上げをUPする。

これらには、自分の狙っている”マーケット”のお客様に
行動し続けてもらわないといけないのです。

例えば、コンビニが10個の商品だけでは、人は飽きてしまいますよね。
ずーっと継続的に会社のファンになってもらって、
商品を買い続けて(使い続けて)もらうには、

「新しい価値の創造」は必要不可欠。

でも、どうやるのか。

それは、自分の価値を高め続けること

インプットとアウトプットのPDCA回転率を圧倒的にあげていかなきゃいけない。

そんなの、「自分が一生動き続けて、価値を作り続けるなんて無理!」
と思う方もいるでしょう。

それはきっと、レッドオーシャンで孤独に戦っているから。

マーケットのニーズ×好き×得意

が最強のブルーオーシャン。

起業したら、会社員ではない。
自分の狙うマーケットを絞れる。
好きを極めることができる。
得意を伸ばし続けることができる。

一生ものの、好きと得意を気づくことができれば、
自分を高め続けられる。
高めた価値で”マーケット”を生み出し続けることができる。
っていう好循環を生み出すことが
マーケットを動かし続けるチカラなんだと思う。

そんな大それたことできるのか?

A、できます。


24歳の世間も知らない、
ビジネスも知らない、
友達も少ない(笑)

そんな私が独立して起業家として生きているのです。

起業は孤独。

孤独は起業失敗の要因NO1です。

そうならないために、私が意識したことは、
「仲間」「異業種&異年代」「コミュニティ」の出会い。

やっぱり個人でビジネスをしていると、
主観的なビジネスモデルになりがち。
自分でっかちなビジネスになりがち。

個人でビジネスをしているからこそ、
他者の視点をもっと取り入れるべき。

人は一人では絶対に成長し続けることはできない。

異業種・異年代の人からのアドバイスは積極的にもらいに行くべき。

自分の「枠」よりも3つくらい飛んでいる人たちに出会うと、
見える景色が本当に変わってくる。
自分以上のチカラを生み出してくる。

そんな人たちを見つけられたら、日常生活の変化の始まり。

常識を考えていたら、変化は怖い。

でも、変化するときが来たからこそ、マーケットを生み出す一歩。

変化はチャンス。その変化をもたらす仲間を大事にしよう。

今ならLINE@ご登録で120分のオンライン動画プレゼント!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です